腸炎
ちょうえん

最終編集日:2022/3/27

概要

腸粘膜に炎症などが生じる病気の総称です。多くは細菌やウイルス、寄生虫などに感染することによって発症します。

高血圧や動脈硬化症、血栓症などの血行障害を招く病気が原因で起こる虚血性腸炎、腸の粘膜に炎症や出血をくり返す潰瘍性大腸炎やクローン病なども腸炎の一種です。

いずれも腹痛と下痢、嘔吐などの症状のほか、重症になると血便もみられます。緊急を要する場合もあるので早急な受診が必要です。


原因

腸炎の原因には多くのものが知られています。大まかには細菌やウイルスによる感染性腸炎と、薬物やアレルギーなどで起こる非感染性腸炎に分けられます。主な原因は次のとおりです。

・感染症……細菌、ウイルス、寄生虫、真菌(カビ)

・食品・毒物……過食、アルコール、有毒物質を含む食品(有毒魚介類、毒キノコなど)、アレルギーをひき起こす食品

・薬品……抗がん剤、アスピリン、下剤

・重金属類

・抗生物質

・物理的・環境的要因……X線などの放射線、紫外線、寒冷刺激

・血液の流れの障害……ショック、虚血性腸炎(きょけつせいちょうえん)、高血圧症や動脈硬化症、心不全など


症状

一般的によくみられるのは下痢、嘔吐、腹痛、発熱などの症状です。腸炎を起こした原因や炎症の重さによっては、血便がみられることもあります。

腸への血流が減少することで起こる虚血性腸炎の場合は、重症化すると腸の組織が壊死してしまうこともあります。その他、下痢や血便の症状が1カ月以上つづくようなときには別の病気が考えられるため、くわしい検査を行う必要があります。


検査・診断

まずは、問診と身体診察で症状の発症したときの状態や血便の有無、腹痛が起こっている位置を確かめます。血液検査では炎症の程度を調べます。

必要に応じて腹部X線検査やCT検査などの画像検査、大腸内視鏡検査、便検査などを行います。


治療

原因や症状によって異なりますが、まずは下痢や嘔吐などの症状に対する治療(対症療法)を行います。

症状が軽ければ自然に軽快していきますが、吐き気止めや整腸剤、下痢止めなどの薬を使用します。 

また、細菌感染が原因の場合は、抗菌薬が処方されます。下痢や嘔吐によって脱水症状があるときは、点滴による水分やミネラルの補給を行います。症状が改善しない場合には、対症療法に加えて、検査で腸炎の原因を特定し、その原因を除去することもあります。

このほか、虚血性腸炎の場合は、数日程度で症状が改善されることが多いので、自宅で安静にして、抗菌薬の投与などを行って経過を観察します。ただし、痛みや下血が激しい場合は入院・手術が必要となることがあります。


セルフケア

療養中

腸炎にかかってしまったら、脱水を起こさないように水分補給を心がけるようにしましょう。

監修

鳥居内科クリニック 院長

鳥居明

この傷病に関連したQ&A

本サービスに掲載される情報は、医師および医療専門職等の監修の元、制作しております。監修者一覧および元となる情報はこちらからご参照ください。
みんなの家庭の医学 アプリイメージ
アプリでも

みんなの家庭の医学

歩数ゲームやデイリーアドバイス、無料健康相談が利用可能

QRコード

※ご所属先が本サービスを契約いただいている場合のみご利用いただけます。