腰痛

最終編集日:2024/1/19

概要

腰痛による痛みの原因が特定できるのはわずか15%で、後の85%はなぜ腰痛が起きているのか原因が不明だといわれています。原因が特定できているものを「特異的腰痛」、特定できないものを「非特異的腰痛」と呼んでいます。

特異的腰痛の代表的なものは、椎間板ヘルニアで、年齢を問わず発症しています。

非特異的腰痛の原因はさまざまで、悪い姿勢、同じ動作のくり返し、ストレスなども要因となります。

また、非特異的腰痛のなかには、脊椎には異常がない内臓の疾患のサインである場合があります。消化器系の疾患では、胃・十二指腸潰瘍、胆石症、膵炎などで、腰痛だけでなく腹痛や吐き気、嘔吐などを伴います。ほかに、泌尿器系や婦人科系の病気、また心筋梗塞をはじめとする循環器系の疾患の場合もあります。

受診の目安

救急車を呼ぶ・ただちに医療機関を受診

・激痛が走り、じっとしていても激しく痛む

・発熱を伴う強い痛み

・痛みが腰からおなかに移動する


医療機関を受診

・日に日に痛みが強くなる

様子をみる

・いっとき強い痛みがあったが、安静にしていたら治まり、その後はくり返さない

セルフケア

「腰痛もち」という言葉が表しているように、原因がはっきりしない腰痛は、肩こりと並んで訴える人の多い症状といわれています。一度発症すると再発も多く、治りにくいケースが多いようです。腰痛を防ぐライフスタイルを見直すことも大切です。

考えられる病気

監修

寺下医学事務所 医学博士

寺下謙三

この傷病に関連したQ&A

関連するキーワード

胃潰瘍
胆石
ヘルニア
膵炎
腹痛
腰痛
嘔吐
本サービスに掲載される情報は、医師および医療専門職等の監修の元、制作しております。監修者一覧および元となる情報はこちらからご参照ください。
みんなの家庭の医学 アプリイメージ
アプリでも

みんなの家庭の医学

歩数ゲームやデイリーアドバイス、無料健康相談が利用可能

QRコード

※ご所属先が本サービスを契約いただいている場合のみご利用いただけます。