視力低下

最終編集日:2024/1/19

概要

視力が低下するといっても、急に見えなくなった、だんだん見えにくくなってきた、手元が見えないなど、その症状はさまざまです。とくに注意が必要なのは、急激な視力の低下です。

急激とは、数分前まで見えていたのに突然見えなくなるという状況や、数日の間に見えなくなったというものを指します。両目が見えなくなることもあれば、片目だけの場合もあり、目の痛みや充血、頭痛などの症状が現れることもあります。

このような場合には、網膜剥離や視神経症、脳卒中や一過性脳虚血発作など、重大な病気が潜んでいることが少なくありません。すぐに眼科を受診してください。

だんだん見えにくくなってきた場合にも、単純に近視が進行したもの、年齢を重ねるとともに白内障を発症したもの、糖尿病などの病気に伴うものなどがあります。左右の見え方が違う、物がゆがんで見える、視野が欠けているなどがある場合には、ほかの病気を発症している可能性があるため、原因をきちんと調べることが大事です。

受診の目安

救急車を呼ぶ・ただちに医療機関を受診

・いつ見えなくなったかはっきりいえるくらい急に見えなくなった

・異物が目に入るなど、原因がはっきりしている

・数日の間に急激に視力が低下した

・片方の目だけ見えづらくなった

・視力の低下に加え目の痛みや充血、頭痛がある

医療機関を受診

・長期間にわたり徐々に視力が落ちている

・目がチカチカして物が見えにくい

・一時的に明らかに視力が低下したが、その後に回復した

・一時的に視力が低下して、視野が狭くなった

・物がゆがんで見える、視野の欠けがある

・左右の目で見え方が異なる

・充血や痛みなどがある

・目やに、涙、目の周りの発疹などがある

様子をみる

・手元の字や近くの物が見にくい、ぼやける

・眼鏡やコンタクトレンズを使用すると問題なく見える

セルフケア

パソコンやスマートフォンの画面を長時間見つづけて目を酷使する、度数のあわない眼鏡やコンタクトレンズを使いつづけていることも視力が低下する原因のひとつです。ライフスタイルを見直しましょう。

考えられる病気

監修

井上眼科病院 院長

井上賢治

本サービスに掲載される情報は、医師および医療専門職等の監修の元、制作しております。監修者一覧および元となる情報はこちらからご参照ください。

この傷病に関連したQ&A

関連するキーワード

視力低下
みんなの家庭の医学 アプリイメージ
アプリでも

みんなの家庭の医学

歩数ゲームやデイリーアドバイス、無料健康相談が利用可能

QRコード

※ご所属先が本サービスを契約いただいている場合のみご利用いただけます。