ビタミン欠乏症

びたみんけつぼうしょう

最終編集日:2022/4/1

概要

ビタミン欠乏症は、極端に偏った食事をつづけたり、病気などによって十分な食事ができなかったりすることで、必要なビタミンが不足して起こる病気です。ビタミンを吸収する消化管の病気や、妊娠・授乳などによってビタミンの必要量が増えることもビタミン欠乏症の原因となります。

不足するビタミンの種類や量によっては、脳や神経の機能障害を起こす場合もあるため注意が必要です。


原因

ビタミンは人体の機能を正常に保つために欠かせない栄養素でありながら、人間の体内ではつくることができません。とくに水溶性ビタミンであるビタミンB群やビタミンCは、余分なものは尿として排泄されてしまうため、体内で蓄えることができません。そのため、極端な食事制限や栄養の偏りなどによって必要とするビタミンが不足してしまい、ビタミン欠乏症を発症しやすくなります。

また、消化管の病気によって吸収障害があるときや、妊娠中や授乳期などビタミンの消費が多いため必要量が不足しがちな時期にも、起こりやすくなります。


症状

ビタミン欠乏症で現れる症状は、ビタミンの種類によって異なります。

●脂溶性ビタミンの欠乏で起こる病気や症状

ビタミンA:夜盲症(やもうしょう:暗い所で目が見えにくくなる)、皮膚や粘膜の乾燥

ビタミンD:くる病(カルシウムの吸収量の低下で骨が弱くなる)

ビタミンE:貧血、脱毛

ビタミンK:易出血性(いしゅっけつせい:出血しやすくなる)

●水溶性ビタミンの欠乏で起きる病気や症状

ビタミンB1:ウェルニッケ脳症や脚気(脳や神経に異常が生じることで起こる)

ビタミンB2:口内炎や口角炎(こうかくえん)、貧血、下痢、皮膚炎

葉酸:妊娠初期に母体に欠乏すると、胎児の二分脊椎、無脳症などの神経管閉鎖障害の発症リスクが高くなる


検査・診断

診断は血中のビタミン濃度を測定する血液検査で確定されます。

欠乏しているビタミンの種類によって症状も異なることから、血液検査で血中のたんぱく質や脂質量を調べたり、消化管に吸収を妨げるような異常がないか画像検査を行ったりします。

またビタミンB1やB12の欠乏は認知症に似た症状が現れることもあるため、頭部CT検査を行うこともあります。


治療

ビタミン欠乏症の治療は、欠乏したビタミンを速やかに摂取するための食事療法の指導を行います。基本的は食生活を見直すことで症状が改善することがほとんどです。しかし、疲労感、脱力感、貧血などの症状を伴う場合には、食事療法に加え、ビタミン製剤やサプリメントなどの内服薬や、点滴投与などの治療を行い、欠乏しているビタミンを補給することもあります。



セルフケア

予防

野菜や果物など、ビタミンを豊富に含んだ食材をとりつつ、栄養バランスのよい食生活を心がけることは、ビタミン欠乏症の予防だけでなく、「潜在性ビタミン欠乏症」の予防にもなります。潜在性ビタミン欠乏症は、不規則な食事や高齢期の食生活の変化によって増えている病気です。また、妊娠中や授乳期などビタミンの消費が多い時期は、必要なビタミンを食事だけで十分に摂取することはむずかしいので、ビタミンが含まれるサプリメントなどをうまく活用して、ビタミンが不足しないようにしましょう。

監修

医療法人青泉会下北沢病院 糖尿病センター長

富田益臣

本サービスに掲載される情報は、医師および医療専門職等の監修の元、制作しております。監修者一覧および元となる情報はこちらからご参照ください。

この傷病に関連したQ&A

みんなの家庭の医学 アプリイメージ
アプリでも

みんなの家庭の医学

歩数ゲームやデイリーアドバイス、無料健康相談が利用可能

QRコード

※ご所属先が本サービスを契約いただいている場合のみご利用いただけます。