肩のこり

最終編集日:2024/1/19

概要

肩こりは日常的によく起こる症状ですが、ほかの病気の症状として肩こりが現れている場合があります。肩こりに加えてどこかほかに違和感があったり、肩こりとセットで何らかの症状があったりする場合には、早めに整形外科を受診しましょう。

近年の肩こりの原因として多くみられるものには、パソコンやスマートフォンを操作するときの首を前に突き出す姿勢があります。長時間の操作で起こる眼精疲労も肩こりの大きな原因のひとつです。

受診の目安

救急車を呼ぶ・ただちに医療機関を受診

・肩のこりとともに、激しい頭痛やめまい、嘔吐、呼吸困難、息切れなどがある

・麻痺があり、うでや手が思うように動かせない

医療機関を受診

・うでや手のしびれが続つづいている

・ほかに症状はないが肩こりが強い

様子をみる

・日常生活に支障はないが、肩こりが慢性化している

セルフケア

受診の際には、その症状がいつ頃から始まったのか、肩こりのほかにも気になる症状が現れているか、ふだんの姿勢やどういった体勢をとったとき症状が現れるか、日常生活のなかで長時間同じ姿勢をとったりくり返す動作などがあるか、といった症状をまとめておくと、正確な診断の一助になります。

考えられる病気

監修

寺下医学事務所 医学博士

寺下謙三

本サービスに掲載される情報は、医師および医療専門職等の監修の元、制作しております。監修者一覧および元となる情報はこちらからご参照ください。

この傷病に関連したQ&A

関連するキーワード

肩こり
頭痛
めまい
整形外科
みんなの家庭の医学 アプリイメージ
アプリでも

みんなの家庭の医学

歩数ゲームやデイリーアドバイス、無料健康相談が利用可能

QRコード

※ご所属先が本サービスを契約いただいている場合のみご利用いただけます。