体重の大幅減少

最終編集日:2024/1/19

概要

減量やスポーツなどはっきりとした原因がなく、食事量や毎日の活動量にも大きな変化がないにもかかわらず、大幅に体重が減少する症状が現れた場合は注意が必要です。

食事量は変わらず、あるいは増えているのに体重が減少するのは消費エネルギーが大幅に増加している状態で、代表的な病気に甲状腺機能亢進症があります。

食事量が低下し食欲もない場合は、消化器疾患や慢性の炎症性疾患(膠原病など)、感染症(エイズ、結核など)、悪性腫瘍が考えられます。うつ病や神経症などの精神疾患の場合もあります。

受診の目安

救急車を呼ぶ・ただちに医療機関を受診

・強い貧血症状がある

・意識障害や精神症状が出ている

医療機関を受診

・食べているのに体重が減少している

・理由もなく食欲の低下がつづいている

・胃痛、下痢、便秘などの消化器症状がつづいている

・疲れやすく倦怠感が強い

様子をみる

・ダイエットをしている

・精神的に落ち込むことがあり食欲が低下した

・充実した毎日を過ごしている

セルフケア

原因がわからない大幅な体重減少がみられたら、医療機関を受診して診察と検査を受けることが必要です。

考えられる病気

監修

寺下医学事務所

寺下謙三

この傷病に関連したQ&A

関連するキーワード

ストレス
疲労
膠原病
うつ
食欲減退
体重減少
副作用
本サービスに掲載される情報は、医師および医療専門職等の監修の元、制作しております。監修者一覧および元となる情報はこちらからご参照ください。
みんなの家庭の医学 アプリイメージ
アプリでも

みんなの家庭の医学

歩数ゲームやデイリーアドバイス、無料健康相談が利用可能

QRコード

※ご所属先が本サービスを契約いただいている場合のみご利用いただけます。