激しく吐く

最終編集日:2024/1/19

概要

子どもはさまざまな原因で吐くことがあります。食べすぎやかぜなどによる消化器の不調によるものから、食中毒や髄膜炎が疑われるものまで多岐にわたります。まずは子どもの状態をよく観察して、いつもと違うところがあるかをチェックします。観察する際のポイントは、吐しゃ物の内容です。

・食べた物がそのまま吐かれている

・胆汁(緑色のもの)が混じっている

・便の臭いがする

・血が混じっている

こうした観察がその後の受診時に役立ちます。

受診の目安

救急車を呼ぶ・ただちに医療機関を受診

・強い頭痛を訴える

・強い腹痛を訴える

・異物を飲み込んだ疑いがある

・吐しゃ物のなかに血が混じっている

・吐しゃ物のなかに胆汁(緑色のもの)が混じっている

・ひどくぐったりするなど脱水症状がある

医療機関を受診

・何度もくり返して吐く

・いつもよりのどの渇きを訴える

・いつもより元気がない

・食欲があまりない

・おしっこの回数がいつもより少ない

様子をみる

・飲み込んだ異物が取れた、あるいは吐き出した

・嘔吐の症状がなくなった

・食欲がある

・いつも通りの元気がある

セルフケア

何度も吐いたときは脱水状態に陥りやすいため、落ち着いたら白湯やリンゴジュース、スポーツドリンクなどで水分補給を行いましょう。飲んでもまたすぐに吐いてしまう場合は、あせらずに少量ずつ何度かに分けて与えます。

考えられる病気

監修

川崎医科大学 小児科学 教授

中野貴司

本サービスに掲載される情報は、医師および医療専門職等の監修の元、制作しております。監修者一覧および元となる情報はこちらからご参照ください。

この傷病に関連したQ&A

関連するキーワード

吐き気
嘔吐
みんなの家庭の医学 アプリイメージ
アプリでも

みんなの家庭の医学

歩数ゲームやデイリーアドバイス、無料健康相談が利用可能

QRコード

※ご所属先が本サービスを契約いただいている場合のみご利用いただけます。