Question

子どもの発熱時のケアと受診の目安は?

2歳の男の子ですが、2日前から38~39℃近くの発熱がみられたため、本日受診をしました。夏かぜと診断され、薬が処方されました。家庭での発熱時のケアについて教えてください。また、どのような症状があったら、再受診すべきでしょうか。

男性/30代

2022/07/28

Answer

発熱時のケアのポイントについてお伝えします。


①室内環境の確認

エアコンを利用して室温を25~27℃、湿度は50~60%くらいに設定し、からだに直接、冷たい風がかからないように工夫しましょう。

②水分補給

発熱によって体の水分が失われるため、水分補給はこまめにしましょう。水分は白湯や麦茶、市販の経口補水液(子ども用)などがすすめられます。

③衣服や寝具の調節

手足が冷たく、震えなどがみられるなど、熱が上がっているときは、衣類や寝具などを調節して保温するようにします。熱が上がりきると、手足が暖かくなり、汗をかいてくるので、熱がこもらないように薄着に。

④クーリング

首筋やわきの下、太ももの付け根には、比較的浅い場所に動脈が走っています。熱が上がり切ったら、その部分を冷たいタオルなどで冷やすと効果的です。嫌がるときには寝静まったタイミングで試してみましょう。

⑤解熱剤の使用の目安

熱が高いために機嫌が悪い、食事や水分が摂れない、眠れないなどの場合に使用がすすめられます。使用回数なども含めて医師の指示通りに使用しましょう。


再受診の目安としては、水分が摂れない、ぐったりする、顔色や機嫌が悪くぐずる、尿量が少ない、頻回な嘔吐や下痢など。気になる症状があるときは、医師の診断を仰いでください。

回答者

保健同人フロンティアメディカルチーム

関連するキーワード

手足口病
プール熱
ヘルパンギーナ
発熱
本サービスに掲載される情報は、医師および医療専門職等の監修の元、制作しております。監修者一覧および元となる情報はこちらからご参照ください。
みんなの家庭の医学 アプリイメージ
アプリでも

みんなの家庭の医学

歩数ゲームやデイリーアドバイス、無料健康相談が利用可能

QRコード

※ご所属先が本サービスを契約いただいている場合のみご利用いただけます。