胃神経症

いしんけいしょう

最終編集日:2022/3/27

概要

胃神経症とは、胃に病気がないのにもかかわらず胃痛や吐き気、胃もたれなど、さまざまな症状が現れる病気で「神経性胃炎」ともいいます。

胃はストレスの影響を受けやすい臓器です。ストレスによって自律神経がバランスを崩すと胃酸が過剰に分泌され、胃痛などの症状をひき起こすと考えられています。仕事や人間関係などによる精神的ストレスや疲れなどでバランスを崩してしまった自律神経の働きを整えることで症状は改善します。


原因

仕事や人間関係など、日常生活のなかで生まれるストレスが原因となっているケースがほとんどです。ストレスを発散しようとして、酒を飲みすぎたり、好きなものを食べすぎたりして胃に負担をかけてしまい、結果的に胃神経症をひき起こしてしまうこともあります。

精神的ストレスで自律神経のバランスが崩れ、胃酸が過剰に分泌されることで胃潰瘍を発症することや、反対に胃の働きが鈍ってしまって消化不良をひき起こすこともあります。

心理的な要因が大きいため、心療内科での治療が必要な場合もあります。


症状

おもな症状は胃の痛みや不快感、吐き気、嘔吐などです。食後に胸やけやむかつきを感じることもあります。ほかにも少しの食事で腹がいっぱいになったり、食欲がなくなったり、人によっては不眠などの症状が現れることもあります。

自律神経のバランスが崩れると、気分の落ち込みや強い不安感に襲われたりすること、倦怠感、無気力などの症状がみられることもあります。


検査・診断

胃に痛みを感じて医療機関を受診する人がほとんどです。問診で症状などを聞きとった後、胃痛などをひき起こしている原因を見つけるために、血液検査、便検査、上部消化管X線検査(バリウム検査)、上部消化管内視鏡検査(胃カメラ)、腹部超音波検査などを必要に応じて行い、胃潰瘍など病気がないことを確認します。

各種検査により、原因となるような胃の病気などが見つからなければ、心療内科や精神科で検査が必要となることもあります。


治療

胃神経症は、精神的ストレスが原因となって起こる病気のため、治療は、精神療法と薬を使った治療になります。精神療法は、心療内科または神経内科の医師によるカウンセリングを行い、心理的ストレスなどの解消をめざします。

薬を使った治療は、胃痛などの症状を改善するために、胃の働きを整える薬や胃酸の分泌を抑える薬、胃の粘膜を保護する薬などを使用します。


セルフケア

療養中

胃神経症を発症した場合は、原因のストレスをどう解消していくかが重要です。思い切って生活環境を変えるなどしてストレスの原因を取り除くことができればいいのですが、それができなければストレスの原因となっているものと上手に距離をとる方法を考えましょう。

ひとりで対処するよりも、専門家のカウンセリングを受けることで解決策が見つかるケースもあります。簡単にできるストレス解消法として、深呼吸やストレッチ、親しい人と話す、たくさん笑うなどがあります。


予防

胃神経症は、精神的ストレスが原因となって起こる病気のため、治療は、精神療法と薬を使った治療になります。精神療法は、心療内科または神経内科の医師によるカウンセリングを行い、心理的ストレスなどの解消をめざします。

薬を使った治療は、胃痛などの症状を改善するために、胃の働きを整える薬や胃酸の分泌を抑える薬、胃の粘膜を保護する薬などを使用します。


監修

鳥居内科クリニック 院長

鳥居明

この傷病に関連したQ&A

本サービスに掲載される情報は、医師および医療専門職等の監修の元、制作しております。監修者一覧および元となる情報はこちらからご参照ください。
みんなの家庭の医学 アプリイメージ
アプリでも

みんなの家庭の医学

歩数ゲームやデイリーアドバイス、無料健康相談が利用可能

QRコード

※ご所属先が本サービスを契約いただいている場合のみご利用いただけます。