かさつき、赤み

最終編集日:2024/1/19

概要

正常な皮膚は外部からのさまざまな刺激をブロックするバリア機能をもっています。このバリア機能が低下して皮膚が外部からの刺激に弱くなり、赤くなったり、ブツブツができたり、皮膚がカサカサになったりをくり返すのがアトピー性皮膚炎です。

赤ちゃんの場合は頭、顔、首に、子どもでは首回り、臀部、ひじやひざの関節などに症状が多く現れます。

アトピー性皮膚炎の要因には黄色ブドウ球菌、ダニやカビ、汗、ペット、食物によるアレルギー、睡眠時間、ストレスなどがあげられます。これらの原因が重なりあって発症すると考えられています。

受診の目安

救急車を呼ぶ・ただちに医療機関を受診

・38℃以上の発熱がある

・せきなどがあり呼吸が苦しそうである

・顔色が悪く、ぐったりしている

・口のなかや舌が腫れてきた

医療機関を受診

・いつもよりかゆみが強く眠れない

・湿疹などがなかなか消えない

・食欲があまりない

・いつもより呼吸が苦しそうである

様子をみる

・湿疹や水疱が狭い範囲にとどまっている

・食欲がある

・しっかり眠っている

セルフケア

アトピー性皮膚炎は完治がむずかしいといわれていますが、適切な治療や生活習慣をつづけることで、症状を抑えたり、発症を少なくしたりすることはできます

考えられる病気

監修

川崎医科大学 小児科学 教授

中野貴司

本サービスに掲載される情報は、医師および医療専門職等の監修の元、制作しております。監修者一覧および元となる情報はこちらからご参照ください。

この傷病に関連したQ&A

関連するキーワード

肌トラブル
みんなの家庭の医学 アプリイメージ
アプリでも

みんなの家庭の医学

歩数ゲームやデイリーアドバイス、無料健康相談が利用可能

QRコード

※ご所属先が本サービスを契約いただいている場合のみご利用いただけます。