便の異常

最終編集日:2024/1/19

概要

子どもの便の観察のポイントは「便の色」「下痢」「便秘」です。とくに乳児の場合は重要です。


●便の色

便の色は、一般に茶色から黄土色です。それ以外の色は何かしらの異常があると考えます。

・黒色

胃や腸など消化器のどこかの部位での出血によると考えられます。

・赤色(血便)

黒色同様、消化器のどこかからの出血が考えられますが、黒色は肛門から離れた場所からの出血で、赤色は肛門近くの出血です。赤色の場合は裂肛や直腸ポリープ、肛門脱などが疑われます。

・白色

白っぽい便は肝臓や胆嚢に病気があるサインで、白目や皮膚に黄疸があれば乳児肝炎、先天性胆道閉鎖症、総胆管拡張症などが疑われます。またロタウイルス胃腸炎でも白い便が出ることがあります。


●下痢

乳児の便は成人とくらべると健康なときでもゆるめです。個人差もありますので日常からのチェックが必要です。原因として多いのが感染性の胃腸炎です。

下痢とともに血便がみられる場合は、細菌性腸炎や潰瘍性大腸炎などが考えられます。細菌性腸炎のなかでもO157による出血性大腸炎は、水のような下痢と激しい腹痛、血便がつづき、進行すると重篤な症状をひきおこすので注意が必要です。


●便秘

便秘は母乳不足や偏食、少食など食生活に問題があることが多いようです。便秘になると食欲不振、膨満感嘔吐、腹痛、不機嫌になるなどの症状がみられます。

ほかにもヒルシュスプルング病、肛門狭窄、心因性の便秘症、甲状腺機能低下症などの病気が便秘をひきおこすこともあります。

受診の目安

救急車を呼ぶ・ただちに医療機関を受診

・下痢症状があり、水分や食事がとれない

・下痢とともに発熱や嘔吐などの全身症状が強い

医療機関を受診

・便の色がいつもと違う

・便に血がついている

・体重が増えない

・何となく具合が悪そうな様子がつづいている

様子をみる

・かぜ気味で便がやわらかくなったが治った

・食べすぎて便がやわらかくなったが治った

・下痢をしたが元気があり機嫌もいい

セルフケア

子どもの健康状態を把握するためにも、毎日、便の状態を観察しておきましょう。

考えられる病気

監修

川崎医科大学 小児科学 教授

中野貴司

本サービスに掲載される情報は、医師および医療専門職等の監修の元、制作しております。監修者一覧および元となる情報はこちらからご参照ください。

この傷病に関連したQ&A

関連するキーワード

ロタウイルス
下痢
便秘
血便
みんなの家庭の医学 アプリイメージ
アプリでも

みんなの家庭の医学

歩数ゲームやデイリーアドバイス、無料健康相談が利用可能

QRコード

※ご所属先が本サービスを契約いただいている場合のみご利用いただけます。