尖圭コンジローマ

せんけいこんじろーま

最終編集日:2022/3/30

概要

尖圭コンジローマはヒトパピローマウイルス(HPV)への感染で発症する、独特の形状をしたイボができる性感染症です。大半は数カ月で治り悪化することは少ないといわれていますが、まれにがんに進行する場合があります。

妊婦が尖圭コンジローマに感染すると、分娩の際に新生児に感染し、呼吸不全をひき起こす可能性があるので、帝王切開が必要となることがあります。女性では20歳代に多く、男性は30歳代をピークに発症します。


原因

性行為によって皮膚や粘膜の傷口からヒトパピローマウイルスに感染することが原因です。腟に陰茎を挿入しなくても、性器などに接触するだけで感染します。

症状

女性は大小陰唇、腟、子宮頸部など、男性は陰茎亀頭、包皮の内側などに先のとがった小さなイボが生じます。その独特な形から、乳頭状、鶏冠状などと表現されます。イボイボは自然に治る場合もありますが、放っておくと大きくなったり数が増えたり、かゆみや痛みを伴う場合もあります。

検査・診断

患部の視診を行います。イボが確認でき、ウイルスを採取できる状態であれば、感染細胞を採取して調べます。

治療

患部に塗り薬を塗布する、液体窒素や薬品で病巣を壊死させる、外科手術で病巣を除去するなどの方法があります。どの方法で治療するかはイボの大きさなどに応じて判断されます。

セルフケア

病後

尖圭コンジローマではウイルスを完全に死滅させるまでに数カ月単位での時間がかかり、再発することも多いため根気よく治療に取り組むことが必要になります。治療すればよくなる病気なので、自己判断で治療をやめたりせず、医師の指示に従うようにしましょう。

予防

コンドームをしていても性器以外の病変部との接触によって感染する可能性があるため、パートナーがいる場合にはお互いに感染していないことを確認する、不特定多数の人との性交渉をもたない、といったことが予防につながります。

子宮頸がんの予防ワクチンのなかには尖圭コンジローマの予防にも効果があるものがあり、性交渉開始前の接種が推奨されます。


監修

Raffles Medical Clinic Hanoi 婦人科

秋野なな

この傷病に関連したQ&A

本サービスに掲載される情報は、医師および医療専門職等の監修の元、制作しております。監修者一覧および元となる情報はこちらからご参照ください。
みんなの家庭の医学 アプリイメージ
アプリでも

みんなの家庭の医学

歩数ゲームやデイリーアドバイス、無料健康相談が利用可能

QRコード

※ご所属先が本サービスを契約いただいている場合のみご利用いただけます。