腟トリコモナス症

ちつとりこもなすしょう

最終編集日:2022/3/30

概要

腟トリコモナスという原虫に感染して腟や尿道に炎症が起こる性感染症です。性感染症のなかではもっともポピュラーで、世界中で毎日100万人以上が感染しているといわれています。

進行すると炎症が卵管にまでおよび、不妊症や早産、流産を招く可能性もあります。


原因

おもに性行為によって感染し、女性は腟や子宮頸管、男性は前立腺や精嚢などに寄生します。若い女性の感染が目立ちますが、感染者が使用した下着やタオル、便器、浴槽などを介して、幼児から高齢者まで、幅広い年代での感染が報告されています。

症状

悪臭の強い泡状のおりものが増える、外陰部や腟に強いかゆみや痛みを感じるなどの症状が現れます。性行為中に強い痛みを感じることもあります。

ただし感染者のうち20~50%には目立った症状が現れず、気づかないうちに炎症が卵管にまでおよぶことがあります。男性にも症状が現れにくく、尿道に軽い痛みや違和感、かゆみなど、尿道炎に似た症状がみられる程度のことがほとんどです。


検査・診断

細い綿棒のようなもので尿道分泌物、腟分泌物を採取し、顕微鏡で検査したり培養を行ったりして診断します。

また短時間で精度の高い診断ができるとして活用されているのが核酸増幅法で、これはトリコモナス原虫の遺伝子を増幅させて検出し、検査する方法です。


治療

抗原虫作用、抗菌作用のある内服薬、女性の場合は腟内に入れる腟錠や腟座薬が処方されます。

治療期間は1週間から10日ほどです。


セルフケア

療養中

内服薬は胎児に影響を与える可能性があるので、妊娠中は服用できません。また、飲酒によって副作用が出る可能性があるので、薬を服用している期間は飲酒を避けましょう。

予防

腟トリコモナスへの感染対策を行うことが予防につながります。性行為の際にはコンドームを使用し、銭湯や温泉などで浴槽やいすに座るときには性器が接触しないように気をつけましょう。

監修

Raffles Medical Clinic Hanoi 婦人科

秋野なな

本サービスに掲載される情報は、医師および医療専門職等の監修の元、制作しております。監修者一覧および元となる情報はこちらからご参照ください。

この傷病に関連したQ&A

みんなの家庭の医学 アプリイメージ
アプリでも

みんなの家庭の医学

歩数ゲームやデイリーアドバイス、無料健康相談が利用可能

QRコード

※ご所属先が本サービスを契約いただいている場合のみご利用いただけます。