手のむくみ

最終編集日:2024/1/19

概要

酒を飲みすぎたり、就寝前に水分をとりすぎたりしたとき、あるいはデスクワークが長時間つづいた場合などには手がむくむことがあります。そのほかにも生活習慣の乱れが原因で、手だけではなく足や顔など、からだのほかの部位がむくむことはよくあります。

手だけがむくむという場合は原因となる疾患も考えられ、両手か片手かの違いなども症状を評価する際の大事な要素です。例えば、手のむくみを起こす病気としては甲状腺の炎症などでホルモンの分泌量が減少することで起きる甲状腺機能低下症や、関節内にある滑膜という組織が増殖する関節リウマチなどがあります。

受診の目安

救急車を呼ぶ・ただちに医療機関を受診

・横になれないほどの強い息苦しさがある

・片手だけがひどくむくみ、痛みや腫れがある

・患部に熱感や赤みがあり、急速に悪化している

医療機関を受診

・手のむくみが数日つづき、だんだんひどくなっている

・食欲不振やからだのだるさがある

・手以外に、からだのほかの部分もむくんでいる

・発熱や患部の熱感などがある

・息苦しさがある

様子をみる

・両方の手がむくんでいて指輪が外せない

・顔や足にもむくみがみられる

セルフケア

アルコールや水分の過剰摂取などが思いあたらず、むくみが長くつづくようであれば、何らかの病気が隠れている可能性もあるため、早めに医療機関を受診するようにしましょう。

考えられる病気

監修

宮川病院 内科部長

宮川めぐみ

本サービスに掲載される情報は、医師および医療専門職等の監修の元、制作しております。監修者一覧および元となる情報はこちらからご参照ください。

この傷病に関連したQ&A

関連するキーワード

肝炎
リウマチ
PMS
腎不全
むくみ
みんなの家庭の医学 アプリイメージ
アプリでも

みんなの家庭の医学

歩数ゲームやデイリーアドバイス、無料健康相談が利用可能

QRコード

※ご所属先が本サービスを契約いただいている場合のみご利用いただけます。