Question

乳がんの手術後のセルフケア

乳がんの手術後、放射線治療中です。手術ではリンパ節切除を行い、腕にむくみを感じたり、傷あとがむずむずしたりすることも。何か和らげる方法はありますか?

女性/50代

2023/08/24

Answer

ここでは一般的な乳がんの術後の影響や対処についてご説明します。

乳がんの手術の影響、とりわけリンパ節郭清ののち、手術をした側の腕が上がりにくいことや、肩や腕がこる、しびれる、むくみが気になるなど、さまざまな症状が現れることがあります。その多くは、時間の経過とともに少しずつ改善していきますが、日ごろからリハビリテーションを重ねていくことが大切です。むくみなどは、腕を上げたり、マッサージをしたりする方法があるので、やり方の指導を受けたうえで取り入れていくとよいでしょう。


手術の種類に関係なく、乳がん手術後に行う運動もあり、専門的なリハビリを受ける方法もあります。主治医の指示が特にない場合の、ご自身で行える運動の例を挙げましょう。

●壁に向かって立つ。

●手術をしていない側の手をまっすぐ上に伸ばして壁につく。

●その高さを目標に、手術した側の手を壁に沿って少しずつ上げていく。


病気の経過は個人差も大きく、術後にどれくらい動かしてよいのか、安静に保ったほうがよいのか迷うことも少なくありません。術後の症状で気になることやその対処については、主治医に遠慮なく相談されるとよいでしょう。また受診先に、がん相談支援センターがあれば、療養生活について相談することもできるので、ご活用ください。

回答者

保健同人フロンティアメディカルチーム

本サービスに掲載される情報は、医師および医療専門職等の監修の元、制作しております。監修者一覧および元となる情報はこちらからご参照ください。
この回答はいかがでしたか?

関連するキーワード

リハビリテーション
治療後のケア

関連する病気

みんなの家庭の医学 アプリイメージ
アプリでも

みんなの家庭の医学

歩数ゲームやデイリーアドバイス、無料健康相談が利用可能

QRコード

※ご所属先が本サービスを契約いただいている場合のみご利用いただけます。