幻覚、妄想

最終編集日:2024/1/19

概要

幻覚には、存在しない音が聞こえる「幻聴」、物が見える「幻視」、感じる「体感幻覚」などがあります。妄想は事実ではないことや考えを事実と信じこんでいる状態です。こうした幻覚や妄想のような症状は、比較的若い人に多くみられ、統合失調症が疑われます。

統合失調症の特徴には次のようなものがあります。

・いつも不安そうで、緊張している

・反応が鈍くなり、表情もとぼしい

・悪口をいわれたと訴えるが、現実には何もいわれていない

・何もないのに監視や盗聴を受けているという

・ぶつぶつと独り言をいったり、にやにや笑ったりする

・宇宙人の声が聞こえるという など

受診の目安

救急車を呼ぶ・ただちに医療機関を受診

・興奮がひどくなって暴れたり、自分や他人に害を及ぼしている(状態によっては警察を呼ぶ)

医療機関を受診

・悪口をいわれるからと会社(学校)に行かない

・何もないのに監視や盗聴を受けているという

・ぶつぶつと独り言をいう

・ひとりでにやにや笑っている

・部屋に閉じこもっていることが増えた

・アルコール依存の状態が進んでいる

セルフケア

統合失調症のほかにも、覚醒剤や麻薬、シンナーなど薬物の使用、アルコール依存症などによっても同じような症状が出る場合もあります。

できるだけ早く精神科のある医療機関を受診して、治療を始めることが必要です。

考えられる病気

監修

赤坂溜池クリニック 院長

降矢英成

この傷病に関連したQ&A

関連するキーワード

幻覚・妄想
本サービスに掲載される情報は、医師および医療専門職等の監修の元、制作しております。監修者一覧および元となる情報はこちらからご参照ください。
みんなの家庭の医学 アプリイメージ
アプリでも

みんなの家庭の医学

歩数ゲームやデイリーアドバイス、無料健康相談が利用可能

QRコード

※ご所属先が本サービスを契約いただいている場合のみご利用いただけます。