全身のむくみ

最終編集日:2024/1/19

概要

人は体重の約60%が水分で、その水分は細胞内と細胞外の血管や細胞間質液(細胞と細胞のすきまを満たしている液体)に含まれています。

血液が流れる血管壁には小さな穴があり、そこから細胞間質液にしみ出した酸素や栄養素が細胞に届けられ、細胞から排出された二酸化炭素や老廃物が毛細血管に戻るというサイクルが働いています。何らかの原因によって、毛細血管からしみ出す水分量が増えたり、細胞間質液から血管に戻る量が減ったりして細胞間質液が多くなるとむくみが起こります。むくみは「浮腫」ともいいます。

むくみには全身に起こるタイプと、手足など一部に起こるタイプがあります。全身に起こるむくみは、息切れ、呼吸困難、血尿、腹水、急激な体重増加など、ほかの症状を伴うことが多く、重篤な状態に進行することがあります。

ほかにも抗炎症薬や血管拡張薬、降圧剤、ステロイド剤など薬剤の影響でむくみが起こることもあります。

むくみは、病気ではないものから重篤な症状までさまざまです。

受診の目安

救急車を呼ぶ・ただちに医療機関を受診

・食事の直後にのどにむくみが起こり、飲み込みや呼吸が苦しい

・薬を飲んですぐむくみが起こった

・息苦しくて眠れない

医療機関を受診

・全身のむくみのほかに、手や足などほかの部位もむくんだ

・関節痛が起こった

・血尿が出た

・息切れや息苦しさがある

様子をみる

・数日でむくみが引いた

・運動によりむくみが軽くなった

・心臓や腎臓に持病はない

セルフケア

むくみは徐々に進行すると気づかないことがありますが、体重の異常な増加で気づくこともあります。むくみに加えてほかの症状が現れたときには医療機関を受診し、医師の診察、診断を受けることが必要です。

考えられる病気

監修

寺下医学事務所

寺下謙三

本サービスに掲載される情報は、医師および医療専門職等の監修の元、制作しております。監修者一覧および元となる情報はこちらからご参照ください。

この傷病に関連したQ&A

関連するキーワード

アナフィラキシーショック
むくみ
息切れ
血尿
月経トラブル
副作用
みんなの家庭の医学 アプリイメージ
アプリでも

みんなの家庭の医学

歩数ゲームやデイリーアドバイス、無料健康相談が利用可能

QRコード

※ご所属先が本サービスを契約いただいている場合のみご利用いただけます。