女性特有の乳房のしこり

最終編集日:2024/1/19

概要

皮膚や皮下組織にできる腫瘤のことを「しこり」といいます。しこりには良性と悪性があり、乳房にできるしこりは多くの女性が経験するものです。

しこりができる原因は、その形状や痛みの有無、性質などによってそれぞれ異なります。


●月経前にできるしこり

乳腺は卵巣ホルモンの働きによって増大と縮小をくり返しているため、排卵後に乳腺組織が増大してしこりとなることがあります。痛みを伴う場合もありますが、月経後に自然消失するようなら心配する必要はありません。


●授乳中にできるしこり

授乳中に発生するしこりの大半は、母乳が乳腺のなかにたまってしまうことが原因です。赤ちゃんに飲ませたり手で搾り出したりすることで解消する場合がほとんどですが、乳房が赤く腫れて熱感や痛みがある場合は、うっ滞性乳腺炎を起こしている可能性があり、治療が必要です。


●弾力性のあるしこり

小豆大からクルミ大の大きさで、丸く弾力性があり、周囲との境界がはっきりしていてよく動くしこりは、乳腺線維腺腫の疑いがあります。良性の腫瘤で、痛みはありません。10〜20代の女性に多くみられます。


●硬さのない、はっきりしないしこり

周囲との境界がはっきりせず、あまり硬くないしこりは乳腺症の疑いがあります。乳頭から白や透明の分泌物が出たり、痛みを感じたりする場合もあります。30〜40代の女性に多くみられますが、乳房にできるしこりの大多数は乳腺症だといわれるほど発症頻度の高い疾患です。良性腫瘍なので経過観察だけで済むケースも多くありますが、乳がんとの識別を行うことが大切です。


●硬く、痛みのないしこり

片方の乳房にのみ、痛みのない硬いしこりがある場合は、乳がんの恐れがあります。しこり近くの皮膚がひきつれたようになって、えくぼのようなくぼみができるのが特徴です。進行すると皮膚のくぼみが大きくなったり、乳頭から血液の混じった分泌物が出てきたりします。


受診の目安

救急車を呼ぶ・ただちに医療機関を受診

・38℃以上の高熱が出て、悪寒や関節痛などの症状がある

・乳房が赤く腫れて強い痛みがある


医療機関を受診

・硬く痛みのないしこりを見つけた

・しこり近くの皮膚がひきつれている

・しこり近くにくぼんでいる箇所がある

・乳頭から分泌物が出る

・授乳中の母乳が黄色みを帯びている

・硬さのない、はっきりしないしこりがある

・コロコロとよく動くしこりがある


様子をみる

・月経前にしこりができたが、月経後に消失した

・授乳中にしこりができたが、母乳を出したら消失した


セルフケア

入浴時など日頃から自己検診を心がけ、日頃とは異なった感じ(異常感)に気づいた場合は、恥ずかしがらずに医療機関を受診しましょう。


考えられる病気

監修

小山嵩夫クリニック 院長

小山嵩夫

この傷病に関連したQ&A

関連するキーワード

乳がん
乳腺炎
胸のしこり
本サービスに掲載される情報は、医師および医療専門職等の監修の元、制作しております。監修者一覧および元となる情報はこちらからご参照ください。
みんなの家庭の医学 アプリイメージ
アプリでも

みんなの家庭の医学

歩数ゲームやデイリーアドバイス、無料健康相談が利用可能

QRコード

※ご所属先が本サービスを契約いただいている場合のみご利用いただけます。