鼻づまり

最終編集日:2024/1/19

概要

鼻がつまるという症状は、口を閉じてつまっていないほうの鼻を押さえると呼吸ができなくなる状態を指します。鼻がつまる原因は、年齢や症状によってそれぞれ異なります。


●赤ちゃんの場合

赤ちゃんが口呼吸をして苦しそうな場合は、先天性後鼻孔閉鎖症の可能性があります。これは鼻の穴と、のどの間が生まれつき塞がっている先天性の疾患で、早急に医療機関を受診する必要があります。


●幼児の場合

小さな子どもは、自分でおもちゃなどを鼻のなかに入れてしまうことがあります。急に鼻がつまり、くしゃみや鼻水が出る場合には、鼻孔内に異物がつまっていないか確認してみましょう。

また、この年頃になると、かぜを引いたことが原因で両方の鼻がつまる急性鼻炎や、急性副鼻腔炎(急性蓄膿症)を発症することもあります。急性副鼻腔炎(急性蓄膿症)の場合は、青い鼻水がいつまでも止まらないという症状が現れます。


●小学生の場合

低学年から中学年では、鼻とのどの間にあるリンパ組織が大きくなったために鼻がつまるアデノイド肥大、鼻づまりと鼻水がいつまでも治らない慢性副鼻腔炎、ダニやハウスダストにアレルギー反応を起こすアレルギー性鼻炎などがみられます。

高学年では、鼻の左右を分けている骨や軟骨が曲がっているために、左右どちらかの鼻孔が狭くなる鼻中隔彎曲症がみられることがあります。これは骨の発達とともに出現するもので、呼吸困難などの症状がなければ治療する必要はありません。鼻の粘膜が通常よりも厚いために空気の通り道が狭くなる肥厚性鼻炎も、この年代に多くみられる症状です。


●大人の場合

子どもの頃に慢性副鼻腔炎の既往歴があり、大人になって鼻づまりがさらにひどくなった場合には、鼻たけと呼ばれるポリープができている可能性があります。副鼻腔炎の手術を受けたことがある場合には、術後性上顎嚢胞と呼ばれるうみがたまることもあります。

また、中年以降に鼻がつまるようになり、鼻血や歯肉の腫れ、涙が出るなどの症状がある場合には、鼻孔に腫瘍ができている可能性があります。悪性腫瘍でないかどうか、早めに診断を受けることが大切です。

受診の目安

救急車を呼ぶ・ただちに医療機関を受診

・赤ちゃんの呼吸が苦しそうである

・子どもが呼吸困難を起こしている

医療機関を受診

・鼻づまりがいつまでも治らない

・異臭のする鼻水が出る

・特定の時期や特定の場所で鼻づまりが起こる

・鼻の脇が腫れている

・鼻の脇を押すと痛い

・鼻血や歯肉の腫れ、涙目などの症状がある

様子をみる

・子どもに軽い鼻づまりがあるが、呼吸に支障はない

・かぜが治ったら鼻づまりも治った

セルフケア

年代により、原因がさまざまであることを理解し、心配な症状があるときは早急に医療機関を受診しましょう。

考えられる病気

監修

湘南医療大学 副学長 茅ヶ崎中央病院

喜多村健

本サービスに掲載される情報は、医師および医療専門職等の監修の元、制作しております。監修者一覧および元となる情報はこちらからご参照ください。

この傷病に関連したQ&A

関連するキーワード

アレルギー性鼻炎
蓄膿症
鼻づまり
耳鼻咽喉科
みんなの家庭の医学 アプリイメージ
アプリでも

みんなの家庭の医学

歩数ゲームやデイリーアドバイス、無料健康相談が利用可能

QRコード

※ご所属先が本サービスを契約いただいている場合のみご利用いただけます。