更年期障害の治療に新薬が登場 ~天然型の黄体ホルモンとは?

最終編集日:2022/7/20

女性の更年期障害の治療は、HRT(エイチアールティー・ホルモン補充療法)や、漢方などを使ったものが中心です。

最近のトピックとしては、HRTで使われている黄体ホルモンのうち、天然型のものが2021年末から保険適用になっています。


子宮がある人のHRTの治療には、子宮体がんのリスクを減らすため、卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモンの製剤の併用が必須です。しかし、人工的につくられた黄体ホルモンは、コレステロール値を増悪させるなどのデメリットがあります。その点、新しく登場した天然型の黄体ホルモンは、人工的な黄体ホルモン製剤のデメリットを克服する性質があり、注目されています。


※2022年7月20日時点の内容です。

監修

保健同人フロンティアメディカルチーム

本サービスに掲載される情報は、医師および医療専門職等の監修の元、制作しております。監修者一覧および元となる情報はこちらからご参照ください。

この傷病に関連したQ&A

関連するキーワード

更年期障害
みんなの家庭の医学 アプリイメージ
アプリでも

みんなの家庭の医学

歩数ゲームやデイリーアドバイス、無料健康相談が利用可能

QRコード

※ご所属先が本サービスを契約いただいている場合のみご利用いただけます。