物が二重に見える

最終編集日:2024/1/19

概要

両目で見たときだけ物が二重に見える状態を「複視」といいます。原因は、眼を動かす筋肉や神経が麻痺することで起こります。パソコンやタブレット、スマートフォンを長く見つづけていた直後に起こるのは、眼精疲労の場合があります。

片目で見ても物が二重に見える場合は、乱視や緑内障など眼自体に問題があります。早めに眼科を受診しましょう。

また、二重の見え方によって、さまざまな疾患が隠れていることもあります。複視が頻繁に起こり、目を休めても改善しない場合は、病院で原因を確かめましょう。

受診の目安

救急車を呼ぶ・ただちに医療機関を受診

・瞳孔がいつもより大きく開いている

・頭痛を伴っている

・ろれつが回らない

・手足に麻痺やしびれが現れている

医療機関を受診

・両眼で見たときだけ複視の症状がある

セルフケア

目の疲れをとる対処法として、目を閉じて休ませる時間をつくる、時々遠くを見る、パソコンを見るのと逆の方向に目の筋肉を伸ばすなどがあります。

考えられる病気

監修

井上眼科病院 院長

井上賢治

本サービスに掲載される情報は、医師および医療専門職等の監修の元、制作しております。監修者一覧および元となる情報はこちらからご参照ください。

この傷病に関連したQ&A

みんなの家庭の医学 アプリイメージ
アプリでも

みんなの家庭の医学

歩数ゲームやデイリーアドバイス、無料健康相談が利用可能

QRコード

※ご所属先が本サービスを契約いただいている場合のみご利用いただけます。