暑さで倒れた(熱中症)

最終編集日:2022/3/30

熱中症を疑う症状が出たときには、涼しい場所へ移動して塩分を含む飲料水を摂取します。

受診の目安

救急車を呼ぶ・ただちに医療機関を受診

・意識がない
・意識がもうろうとして呼びかけに反応しない
・けいれんを起こしている
・体温が異常に高い


医療機関を受診

・汗のかき方がおかしい、汗が出ない
・からだがだるい、力が入らない
・めまいや立ちくらみの症状がつづく
・吐き気や嘔吐、頭痛などの症状がある
・手足のしびれ、こむら返りなどの症状がある


様子をみる

・涼しい場所で休息したら、症状が治まった
・症状が軽く、正常な体温である


セルフケア

高温多湿の環境にからだの調節機能が追いつかなくなることで起こる熱中症は、炎天下の屋外だけでなく屋内でも発症します。熱中症を疑う症状が現れたときには、まず涼しい場所へ移動し、着衣をゆるめてからだを冷やしましょう。
自力で飲水できる場合には、経口補水液やスポーツドリンクなどの塩分を含む飲料水を補給します。軽症の場合には、その後安静にして休息すれば徐々に回復します。
意識がもうろうとして呼びかけに反応しない、けいれん、嘔吐、高熱などの症状が出ている場合には、救急車を呼ぶとともに涼しい場所へ移動させ、ぬらしたタオルや氷のうなどで、わきの下や太ももの付け根などを集中的に冷やします。意識がはっきりしない場合には、無理に飲料水を飲ませる必要はありません。
救急車が到着したら、発症時の症状を救急隊員に伝えましょう。

監修

東京医科大学 医学教育学分野 准教授 東京医科大学病院 総合診療科

原田芳巳

本サービスに掲載される情報は、医師および医療専門職等の監修の元、制作しております。監修者一覧および元となる情報はこちらからご参照ください。

この傷病に関連したQ&A

みんなの家庭の医学 アプリイメージ
アプリでも

みんなの家庭の医学

歩数ゲームやデイリーアドバイス、無料健康相談が利用可能

QRコード

※ご所属先が本サービスを契約いただいている場合のみご利用いただけます。