便の色がおかしい

最終編集日:2024/1/19

概要

便は健康のバロメーターといわれるように、その色や形、においは、からだの状態や内臓の異変を知らせる貴重なサインです。

便の色は、緑黄色野菜をたくさん食べたときに緑色の便が出てくるように、食べたものや飲んだ薬などに影響されます。

しかし、黒い便や白い便の場合には注意が必要です。 

黒いタールのような便は血便の可能性があり、上部消化管からの出血が疑われます。白い便の場合は、食べすぎ、飲みすぎで一時的に便が白くなることもありますが、肝臓や胆管、膵臓などの異常が疑われ、なかには重篤な病気が潜んでいることもあります。

受診の目安

救急車を呼ぶ・ただちに医療機関を受診

・高熱と激しい腹痛

・黄疸(おうだん)がみられる

・脱水症状がある

医療機関を受診

・胃痛(腹痛)がある

・背中が痛い

・吐き気、嘔吐や下痢

・38℃前後の発熱

・食欲がなく、体重が減少している

・だるさや倦怠感が長くつづいている

様子をみる

・イカスミなどを多量に食べた

・ワインをたくさん飲んだ

・最近バリウムを飲んだ

セルフケア

腹痛や熱などの自覚症状がなくても、便の色に異常を感じたら、すぐに消化器内科や胃腸科などの専門医を受診しましょう。

考えられる病気

監修

草間かほるクリニック 院長

草間香

この傷病に関連したQ&A

関連するキーワード

胃腸炎
胃潰瘍
貧血
だるさ
血便
本サービスに掲載される情報は、医師および医療専門職等の監修の元、制作しております。監修者一覧および元となる情報はこちらからご参照ください。
みんなの家庭の医学 アプリイメージ
アプリでも

みんなの家庭の医学

歩数ゲームやデイリーアドバイス、無料健康相談が利用可能

QRコード

※ご所属先が本サービスを契約いただいている場合のみご利用いただけます。