Question

かぜに伴う合併症

子どもがかぜをひいてよく高熱を出したりします。今のところ重症化していませんが、かぜをこじらせるとどんな合併症が起こりますか。

女性/20代

2021/12/21

Answer

かぜの合併症には次のような病気があります。

◇中耳炎

のどから耳に通じる耳管からかぜのウイルスが入って、耳の中の中耳が炎症を起こします。 中耳腔に分泌液が貯留し、耳痛や難聴が強くなります。

◇肺炎

かぜから急性気管支炎とつづいて起こります。気管支は肺の中で枝分かれして、細気管支となり肺胞に達しますが、この肺胞とその支持組織である肺間質が炎症を起こした状態です。 激しいせき、膿のようなたんや熱がでます。

◇副鼻腔炎

鼻の鼻腔に続く空洞様構造の副鼻腔に、かぜのウイルスが入って膿がたまる病気です。 頭が重く、鼻みずがのどに流れ、物のにおいを感じなくなります。

◇心筋炎

インフルエンザなどのウイルスのため、心臓の筋肉が炎症を起こす病気です。 筋肉が炎症を起こしているので、心臓の力が弱くなります。

回答者

保健同人フロンティアメディカルチーム

本サービスに掲載される情報は、医師および医療専門職等の監修の元、制作しております。監修者一覧および元となる情報はこちらからご参照ください。
この回答はいかがでしたか?

関連するキーワード

かぜ
中耳炎
発熱
みんなの家庭の医学 アプリイメージ
アプリでも

みんなの家庭の医学

歩数ゲームやデイリーアドバイス、無料健康相談が利用可能

QRコード

※ご所属先が本サービスを契約いただいている場合のみご利用いただけます。