中性脂肪

最終編集日:2022/7/29

人のからだには、脂肪酸を含んだ水に溶けない脂質が存在しており、体内の脂質は、大きく中性脂肪、コレステロール、リン脂質、脂肪酸の4つに分けられ、それぞれ重要な役割を果たしています。
ふだんはブドウ糖が活動のエネルギー源として使われますが、ブドウ糖が不足すると中性脂肪が使われます。このように中性脂肪(TG:トリグリセリド)は大切な貯蓄エネルギーであることに加え、体温を保ち、衝撃から内臓を守る役割も担っています。しかし、使いきれなかった中性脂肪は、肝臓や脂肪組織、皮下に蓄えられ、その多くは脂肪として蓄積されます。中性脂肪が増えすぎると肥満、脂肪肝などの原因となり、動脈硬化を促進する要因ともなります。
検査は血液を採取して、血中の量を測定します。
中性脂肪は食事の影響を受けやすいため、空腹状態で採血するのがよいとされています。


基準値

30~149 mg/dL
(日本人間ドック学会)


基準値より高い場合に疑われる病気

高中性脂肪(トリグリセリド)血症、脂肪肝、膵炎、甲状腺機能低下症など


基準値より低い場合に疑われる病気

肝硬変、低栄養、甲状腺中毒症(甲状腺機能亢進症)など

監修

寺下医学事務所 医学博士

寺下謙三

本サービスに掲載される情報は、医師および医療専門職等の監修の元、制作しております。監修者一覧および元となる情報はこちらからご参照ください。

この傷病に関連したQ&A

みんなの家庭の医学 アプリイメージ
アプリでも

みんなの家庭の医学

歩数ゲームやデイリーアドバイス、無料健康相談が利用可能

QRコード

※ご所属先が本サービスを契約いただいている場合のみご利用いただけます。