腟がん

ちつがん

最終編集日:2022/4/11

概要

子宮頸部と外陰部をつなぐ腟にできるがんを腟がんといいます。扁平上皮がんと腺がんの2種類の組織型に分類され、8~9割は扁平上皮がんです。60歳以上の女性に多くみられます。

女性のがんのなかでも非常にめずらしいもので、女性生殖器に発生するがんの1~2%を占めるにすぎません。がんの進行は比較的遅く、一般的には腟周辺にとどまっていますが、肝臓、肺、骨などに転移することもまれにあります。

原因

子宮頸がんと同じで、ヒトパピローマウイルス(HPV)への感染によって発症します。またペッサリーの長期使用が原因となることもあります。

症状

閉経後の、もしくは月経と関係なく起こる不正出血、おりもの、下腹部痛、性交中の痛み、排尿時の痛み、腟内のしこり、便秘などです。

検査・診断

腟のほか、子宮頸部や子宮体部など骨盤内の臓器を調べます。

細胞診の結果でがんの疑いがあった場合は、コルポスコープ診、組織診、内診を行います。がんの広がりを確認する検査として、超音波検査、CT検査、MRI検査なども行われます。

治療

子宮頸がんの治療法に準じて手術療法、放射線療法、抗がん剤による化学療法が行われます。

がんの病期、年齢、全身の状態や、患者さんの病状などを総合的に検討し、治療法が選択されます。

セルフケア

病後

治療後は、経過観察のための定期的な通院が必要です。

転移や再発の恐れもあるので、異変を感じたらすぐに病院を受診しましょう。

監修

Raffles Medical Clinic Hanoi 婦人科

秋野なな

本サービスに掲載される情報は、医師および医療専門職等の監修の元、制作しております。監修者一覧および元となる情報はこちらからご参照ください。
みんなの家庭の医学 アプリイメージ
アプリでも

みんなの家庭の医学

歩数ゲームやデイリーアドバイス、無料健康相談が利用可能

QRコード

※ご所属先が本サービスを契約いただいている場合のみご利用いただけます。