Question

多めの下血の原因と必要な検査は?

最近、多めの下血が続いています。便にきれいな赤色の血がついており、原因として考えられることは何でしょうか? 受けたほうがよい検査などについても教えてください。ちなみに、もうすぐ健康診断を受ける予定です。

男性/60代

2022/12/28

Answer

排便時に多めの下血がみられるとのこと。からだの気になる症状が続くのは、気持ちの面でもご負担を感じやすいことと思います。

下血とは便全体に血が混じっている場合をいいます。これは大腸の肛門付近からの出血によることが多く、潰瘍性大腸炎や、クローン病、大腸憩室症、大腸ポリープなどの病気であることもあります。また、便の表面につく程度だったり、排便の前後に出血がある場合は、肛門や直腸の痔(いぼ痔、切れ痔、痔ろう)によるものがほとんどですが、種類によっては大量出血したり、痛みがないこともあります。ほかに、肛門から離れた胃や十二指腸潰瘍などで大量に出血すると下血になることもあります。


観察するポイントとしては、出血量や持続期間、肛門部の痛み、体重の変化、腹痛の有無などをみていきます。いずれも、出血がある場合はポリープやがんなどの病気との鑑別が必要なため、消化器科を受診されることがすすめられます。

上記のような下血の原因となる病気がないかを調べる検査としては、血液検査、便検査、胸部・腹部X線、注腸検査、または下部消化管内視鏡などを行うことが考えられます。


健康診断が近いご様子ですが、健診は自覚症状がないなかで定められた範囲の検査を行うため、症状にあった必要な検査や、その後の治療などがスムーズに行えない可能性があることと、検査を受けるまでと、結果が出るまでに時間がかかってしまうことが考えられます。一般的には、健康診断が近くても、症状が数日間続く場合は、一度受診をご検討いただくことをおすすめします。


回答者

保健同人フロンティアメディカルチーム

本サービスに掲載される情報は、医師および医療専門職等の監修の元、制作しております。監修者一覧および元となる情報はこちらからご参照ください。
この回答はいかがでしたか?

関連するキーワード

ポリープ
血便
下血
血液検査
みんなの家庭の医学 アプリイメージ
アプリでも

みんなの家庭の医学

歩数ゲームやデイリーアドバイス、無料健康相談が利用可能

QRコード

※ご所属先が本サービスを契約いただいている場合のみご利用いただけます。