マンモグラフィ

最終編集日:2022/7/29

乳房専用のX線検査です。おもに乳がんの早期発見のために行われます。乳房を上下から、また斜め縦方向に左右から板で挟むように押し広げ、薄く伸ばした状態で撮影します。


検査でわかること

乳房を触っても、しこりがわからないタイプの早期の乳がんでも、石灰化病変(乳腺の中にカルシウムがたまった状態)としてみつけることができます。マンモグラフィは、とくにこの石灰化を見つけることに優れた検査です。若い世代においては、乳腺が発達しているため、マンモグラフィではX線の性質上、しこりが見えにくい難点があるので、どちらかといえば超音波(エコー)検査のほうが適している場合もあります。


検査結果

カテゴリー1~5に分類されます。
カテゴリー1・2:異常ありません。
カテゴリー3~5:悪性の疑いがあるため超音波検査など精密検査が必要です。
※所見として、石灰化や腫瘤(炎症性や腫瘍性のこぶ)が指摘されることが多いです。
(日本人間ドック学会)

監修

寺下医学事務所 医学博士

寺下謙三

本サービスに掲載される情報は、医師および医療専門職等の監修の元、制作しております。監修者一覧および元となる情報はこちらからご参照ください。

この傷病に関連したQ&A

みんなの家庭の医学 アプリイメージ
アプリでも

みんなの家庭の医学

歩数ゲームやデイリーアドバイス、無料健康相談が利用可能

QRコード

※ご所属先が本サービスを契約いただいている場合のみご利用いただけます。