BMI(体格指数)

最終編集日:2022/7/29

BMI(体格指数:Body Mass Index)は、体重と身長から算出される肥満度を表す数値で、次の計算式で算出されます。
BMI = 体重kg ÷ 身長m ÷ 身長m
肥満はメタボリックシンドロームの引き金となるため、体重と身長から求めるBMIが特定健診などの検査項目に入っています。


検査でわかること

・BMI 25以上は「肥満」と判定されます。BMI 25以上になると、糖尿病、高血圧症、脂質異常症などの生活習慣病のリスクが高くなります。
・BMI 18.5未満は「低体重(やせ)」と判定されます。低体重は、骨粗鬆症やサルコペニア(筋肉減少症)のリスクが高くなるほか、貧血、月経不順などにもつながります。


基準値

BMI 18.5~24.9 
(日本人間ドック学会)


基準値より高い場合に疑われる病気

・動脈硬化症
・糖尿病
・高血圧症
・脂質異常症
・高尿酸血症


基準値より低い場合に疑われる病気など

・栄養不良

監修

寺下医学事務所 医学博士

寺下謙三

本サービスに掲載される情報は、医師および医療専門職等の監修の元、制作しております。監修者一覧および元となる情報はこちらからご参照ください。

この傷病に関連したQ&A

みんなの家庭の医学 アプリイメージ
アプリでも

みんなの家庭の医学

歩数ゲームやデイリーアドバイス、無料健康相談が利用可能

QRコード

※ご所属先が本サービスを契約いただいている場合のみご利用いただけます。