性欲が起こらない

最終編集日:2024/1/19

概要

性欲は性機能のうち、意識が関与するもので、性欲がわかない、つまり性欲低下や性欲減退は、性的興味や性的思考が減少および喪失することです。性欲には男性ホルモンの濃度が影響するので、一般に年齢とともに徐々に減少していくものですが、若くしてこの状態になる人も少なからずいて、近年は増加傾向にあります。

原因としては疲労、不安、ストレス過多、薬剤などがあります。そのほか、男性ホルモン・テストステロンの血中濃度が低いことも原因になっていると考えられています。また、うつ病や前立腺がんの治療薬で性欲の減退が起こることもあります。

こうした性欲低下が中年期に起こった場合に考えられるのが、男性更年期障害(LOH症候群)です。以前は女性だけにあると思われていた更年期障害が男性にもあり、その症状も全身の疲労感・倦怠感、不眠、肩こりから、気力の衰え、集中力低下、イライラ感、抑うつなど、多岐にわたります。 そのなかに性欲低下やED(勃起障害)も含まれます。

受診の目安

医療機関を受診

・若いのにEDになることが多い

・うつ症状があり性に興味がなくなった

・前立腺疾患の治療後、性欲がわかなくなった

様子をみる

・過労とストレスで性欲がわかない

・男性の更年期障害かもしれない

セルフケア

過労や過剰なストレス、多量の飲酒、パートナーとの対人関係不良、糖尿病、高血圧、肥満、うつ病など、また服用している薬剤が原因になることもあります。原因となる疾患の治療、ライフスタイルの改善や転換が必要です。

考えられる病気

監修

昭和大学病院 泌尿器科 講師

前田佳子

この傷病に関連したQ&A

関連するキーワード

ストレス
うつ
前立腺肥大
性欲減退
勃起
更年期
本サービスに掲載される情報は、医師および医療専門職等の監修の元、制作しております。監修者一覧および元となる情報はこちらからご参照ください。
みんなの家庭の医学 アプリイメージ
アプリでも

みんなの家庭の医学

歩数ゲームやデイリーアドバイス、無料健康相談が利用可能

QRコード

※ご所属先が本サービスを契約いただいている場合のみご利用いただけます。