新生児中毒性紅斑

しんせいじちゅうどくせいこうはん

最終編集日:2022/3/31

概要

新生児(生後4週間までの赤ちゃん)は、母親のおなかから出てきたばかりで、温度や湿度など環境の変化に敏感に反応し、さまざまな症状が現れます。新生児中毒性紅斑もそのひとつです。

中毒疹(赤い斑点や小さい水ぶくれやにきびのような皮疹)が現れますが、かゆみや不快感もなく、中毒疹以外の症状もありません。通常は1週間ほどで自然に治りますが、2週間以上、症状がつづくようならほかの病気が考えらるので、主治医に相談しましょう。


原因

新生児に中毒疹が現れる原因は、今のところわかっていません。生まれたばかりの赤ちゃんの肌は弱く敏感です。母親の胎内から外に出てきて、温度や湿度、汚れなどの環境変化に対して肌が反応し、中毒疹を起こしているのではないかと考えられています。

症状

中毒疹が顔や背中、腹、太もも、うでなど、からだのさまざまな部位に現れますが、かゆみや痛みなどの不快感を伴うことはありません。中毒疹以外の症状はなく、約1~2週間で自然に消えていきます。

検査・診断

保護者への問診と症状をみたうえでの診断となります。

治療

特別な治療は必要ありません。

セルフケア

療養中

中毒疹の症状が出ているときも、入浴時にあかちゃん用石けんでやさしく洗う、入浴後には乳児用のクリームなどで保湿を行うなどのケアを行い、常に清潔と保湿を心がけましょう。中毒疹は1週間ほどで自然に治まりますが、2週間以上つづくようならほかの病気が考えられるため、小児科か皮膚科への受診が必要です。

病後

常に清潔を保ち、乾燥予防のケアをつづけましょう。

予防

新生児(生後4週間まで赤ちゃん)のうちは、汚れや乾燥などの刺激に反応し、肌トラブルが起きやすいものです。入浴の際は、赤ちゃん用石けんでやさしく洗い、入浴後には乳児用のクリームやローションで保湿しましょう。

監修

関東中央病院 皮膚科 部長

鑑慎司

本サービスに掲載される情報は、医師および医療専門職等の監修の元、制作しております。監修者一覧および元となる情報はこちらからご参照ください。

この傷病に関連したQ&A

みんなの家庭の医学 アプリイメージ
アプリでも

みんなの家庭の医学

歩数ゲームやデイリーアドバイス、無料健康相談が利用可能

QRコード

※ご所属先が本サービスを契約いただいている場合のみご利用いただけます。