Question

肝炎のワクチン接種後の妊娠は問題ない?

現在、妊活中です。A型肝炎・B型肝炎のワクチン接種を受けたいのですが、接種後すぐに妊娠しても問題ないのかが気になっています。

女性/20代

2023/10/28

Answer

A型肝炎およびB型肝炎ワクチンは「不活化ワクチン」といって、細菌やウイルスを殺し、免疫を獲得するために必要な成分のみを取り出し、毒素をなくして作られたものです。

妊娠中の不活化ワクチンの接種は、胎児に影響することはないと考えられており、接種可能とされています。したがって、A型肝炎やB型肝炎ワクチン接種後の妊娠は問題ないものと考えられます。


なお、麻疹(はしか)、風疹、水痘(水ぼうそう)、流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)などの予防接種に用いられる「生ワクチン」は接種前1カ月間の避妊、妊娠していないことを確認してワクチンを接種し、接種後2カ月間の避妊が必要とされています。

回答者

保健同人フロンティアメディカルチーム

本サービスに掲載される情報は、医師および医療専門職等の監修の元、制作しております。監修者一覧および元となる情報はこちらからご参照ください。
この回答はいかがでしたか?

関連するキーワード

肝炎
妊娠
ワクチン
予防接種

関連する病気

みんなの家庭の医学 アプリイメージ
アプリでも

みんなの家庭の医学

歩数ゲームやデイリーアドバイス、無料健康相談が利用可能

QRコード

※ご所属先が本サービスを契約いただいている場合のみご利用いただけます。