Question

子どもの夏かぜとは?

子どもに多い夏かぜには、どのようなものがありますか?

女性/40代

2023/06/08

Answer

夏かぜとは、冬に流行するようなウイルスと違い、コクサッキーウイルスやエンテロイウルス(腸内ウイルス)、アデノウイルスなど、多湿を好むウイルスによって感染するもので、子どもに多くみられます。

大人にも感染することがあるので、感染予防を徹底することが重要です。


子どもに多い夏かぜのおもな原因と特徴は次の通りです。

●ヘルパンギーナ  

・コクサッキーA群ウイルスの感染が原因で起こります。

・エンテロウイルスの中のコクサッキーウイルスA群の感染でも起こります。

・38~40℃の高熱が出て、のどが痛みます。

・口の奥に直径1~2㎜の水疱が数個から数十個でき、やがて破れて潰瘍となり、痛みます。ただし、熱は1~4日程度で下がり、1週間ほどで完治します。  


●手足口病  

・コクサッキーウイルスA群およびB群の中の、いくつかのウイルスの感染によって起こります。

・手のひらや足の裏、口の中に小さな水疱ができます。

・1~3日間くらい発熱し、その後、水疱が乾燥して、1週間前後で治ります。


●咽頭結膜炎(プール熱)  

・アデノウイルスに汚染されたプールの水から感染しやすいのが特徴です。

・発熱、のどの痛みのほか、目に結膜炎の症状が出ます。

・高熱が4~5日つづきますが、1週間ほどで完治します。


いずれのケースも、直接効く薬やワクチンはないので、発熱や炎症などそれぞれの症状に対応した治療を行います。症状がみられなくなっても、数週間は便などにウイルスが混ざっているので、注意が必要です。

回答者

保健同人フロンティアメディカルチーム

本サービスに掲載される情報は、医師および医療専門職等の監修の元、制作しております。監修者一覧および元となる情報はこちらからご参照ください。
この回答はいかがでしたか?

関連するキーワード

手足口病
プール熱
ヘルパンギーナ
みんなの家庭の医学 アプリイメージ
アプリでも

みんなの家庭の医学

歩数ゲームやデイリーアドバイス、無料健康相談が利用可能

QRコード

※ご所属先が本サービスを契約いただいている場合のみご利用いただけます。