筋力アップ

最終編集日:2022/3/30

高齢者が自立した生活をつづけるためには「立ち上がる」「歩く」などの下肢の機能を維持することがとくに重要です。そのためには散歩やウォーキングとともに、重要視されているのが筋肉トレーニング、通称「筋トレ」です。


筋トレは筋肉にダメージを与え、そのダメージから回復していくときに強い筋肉につくり変えられていくため、筋トレの後には筋肉が回復する時間が必要です。したがって、週に2~3日程度の筋トレが最適です。毎日行うとけがのリスクが高まりますので注意してください。


筋トレを行うことで得られる効果には次のようなものがあります。
・筋力アップ
・骨格筋量の増加
・体脂肪の減少
・生活習慣病の予防・改善
・サルコペニア、フレイル、ロコモティブシンドロームの予防や改善
・嚥下機能の維持や改善 
・腰痛や膝痛の改善


高齢になっても適切な筋トレを継続すると、筋力アップの効果が得られるといわれています。また筋トレだけを行うより、ウォーキングや散歩などの有酸素運動とあわせて行うことでさらに効果が上がるとも考えられています。
ただし、体調が悪いときは無理をせず、病気や痛みがある場合は医師や専門家に相談しながら行いましょう。

監修

あしかりクリニック 院長

芦刈伊世子

本サービスに掲載される情報は、医師および医療専門職等の監修の元、制作しております。監修者一覧および元となる情報はこちらからご参照ください。

この傷病に関連したQ&A

みんなの家庭の医学 アプリイメージ
アプリでも

みんなの家庭の医学

歩数ゲームやデイリーアドバイス、無料健康相談が利用可能

QRコード

※ご所属先が本サービスを契約いただいている場合のみご利用いただけます。