Question

ヘルペスのような症状。治っては別の場所にできる

年に何回か、口唇ヘルペスと思われる症状が出ては自然に治まっていました。それが今回は、鼻の中や鼻の表面にできたり、下唇や舌の先だったり、治っては違うところに症状が出る状態です。口内炎もあるのですが、受診すべきでしょうか?

男性/40代

2023/05/25

Answer

へルぺスは、ヘルペスウイルスによって引き起こされる病気で、複数の型があります。ここでは一般的なヘルペスと口内炎や、受診先についてご説明します。


まず、統計上で多い口唇ヘルペスは、ヘルペスウイルスの中でも、口の付近に水疱ができます。ヘルペスウイルスⅠ型が原因の、単純ヘルペスウイルス感染症で、再発することが多々あります。再発は、すでにウイルスに対して免疫ができているため、一般に軽症といわれていますが、年に数回再発する人もいます。診察のうえ、口唇ヘルペスと診断されていれば、再発時は市販の口唇ヘルペス再発治療薬を利用することもできます。診療は、皮膚科あるいは内科で診ています。


ほかに、ヘルペス性歯肉口内炎、顔面ヘルペス、角膜ヘルペスなどがあります。口内炎は、多くの人が経験しやすい症状の1つです。通常、1~2週間程度で治癒しますが、長引く場合は受診が必要です。診察は、内科や耳鼻咽喉科で診ています。そのうえで、必要な場合は専門科を紹介されます。


ご相談者の場合、以前の症状も今回も、口唇ヘルペスであるかの鑑別のために受診されるとよいと思われます。内科などで診ていただけると思われます。

回答者

保健同人フロンティアメディカルチーム

本サービスに掲載される情報は、医師および医療専門職等の監修の元、制作しております。監修者一覧および元となる情報はこちらからご参照ください。
この回答はいかがでしたか?

関連するキーワード

内科
耳鼻咽喉科
皮膚科

関連する病気

みんなの家庭の医学 アプリイメージ
アプリでも

みんなの家庭の医学

歩数ゲームやデイリーアドバイス、無料健康相談が利用可能

QRコード

※ご所属先が本サービスを契約いただいている場合のみご利用いただけます。