Question

頭痛と吐き気で眠れない

夜8時半ごろからひどい頭痛と吐き気に襲われ、朝まで眠れずに、翌日内科医を受診しました。血圧、心電図検査をしましたが異常はなく、片頭痛の頓服薬を処方されました。こういう場合、脳外科に行かなくても大丈夫でしょうか?


男性/50代

2022/12/31

Answer

時間がはっきり記憶に残るほど、ひどい頭痛と吐き気に襲われ、朝まで眠れなかったとのこと。

日本頭痛学会では頭痛の分類を、脳腫瘍、髄膜炎、脳炎、くも膜下出血や脳卒中など脳や頭部の病気の症状として出てくる頭痛と、他に病気が隠れているのではなく頭痛(発作)を繰り返す慢性頭痛症に大別しています。慢性的な頭痛(片頭痛や緊張型頭痛など)であれば、生命の危険がないことがほとんどで緊急性はありません。したがって、脳神経外科だけではなく内科でも受診は可能です。


緊急に受診が必要とされるのは、突然に起きた頭痛で、今までに経験したことがない激しい頭痛、短時間で痛みが頂点に達するような頭痛、熱がある、手足の麻痺やめまいやろれつが回らないなどを伴うような場合には至急、脳神経外科または神経内科の受診が必要になります。また数週間のうちに痛みが増すような場合には脳腫瘍や慢性硬膜下血腫などの可能性もあります。ご相談者は片頭痛の治療を受けていらっしゃるようなので、かかりつけ医にお感じの不安についても相談し、必要に応じて脳神経外科、神経内科への受診を検討していただくとよいでしょう。

回答者

保健同人フロンティアメディカルチーム

本サービスに掲載される情報は、医師および医療専門職等の監修の元、制作しております。監修者一覧および元となる情報はこちらからご参照ください。
この回答はいかがでしたか?

関連するキーワード

頭痛
吐き気
みんなの家庭の医学 アプリイメージ
アプリでも

みんなの家庭の医学

歩数ゲームやデイリーアドバイス、無料健康相談が利用可能

QRコード

※ご所属先が本サービスを契約いただいている場合のみご利用いただけます。