Question

乳児期までに多い目の病気

乳児期までの子どもによく見られる目の病気は何ですか。

女性/30代

2022/01/28

Answer

乳児期までの子どもに見られる目の病気には、未熟児網膜症、先天白内障、先天緑内障、網膜芽細胞腫、先天鼻涙管通過不全(閉塞)、さかさまつげ、斜視、弱視、結膜炎などの感染症があります。

乳児期までの子どもは、目や見え方の異常を自ら訴えることはできませんので、周囲がよく観察する必要があります。

目がよっている、目つきがおかしい、ひとみが白く濁っている、ひとみが黄色く光って見える、動くものを目で追わない、まばたきをしない、目を細めたり物を近づけて見る、頭を傾けたり横目で見るなどの症状がある時には受診をしましょう。

回答者

保健同人フロンティアメディカルチーム

本サービスに掲載される情報は、医師および医療専門職等の監修の元、制作しております。監修者一覧および元となる情報はこちらからご参照ください。
この回答はいかがでしたか?

関連するキーワード

発育
みんなの家庭の医学 アプリイメージ
アプリでも

みんなの家庭の医学

歩数ゲームやデイリーアドバイス、無料健康相談が利用可能

QRコード

※ご所属先が本サービスを契約いただいている場合のみご利用いただけます。