Question

徐脈性不整脈の治療

心臓の病気を患って以来、脈拍数が30以下/分になります。そのため人工ペースメーカー手術をすすめられました。手術の必要はありますか。

男性/60代

2021/12/21

Answer

人工ペースメーカーは、徐脈性不整脈に対する有効な治療法として広く使われています。


徐脈性不整脈の症状には、めまいや失神、目の前が真っ暗になる、ふらふらする、労作時の息切れ、心不全症状(手足がむくんだり、肺に水が溜まるなど)などがあります。


人工ペースメーカー植え込み手術が必要な人は、めまいや失神、心不全症状などの症状を伴う徐脈がある(徐脈の種類は問わない)場合や、自覚症状がなくても3秒以上の心停止、または1分間の脈拍が40未満の場合となります。相談ケースのように脈拍数が1分間に30以下であれば、手術が必要な人にあたるといえます。


ほかにも、自覚症状がない第3度房室ブロックや第2度房室ブロック(MobitzⅡ型)でも、突然死を防ぐ意味から、人工ペースメーカーが有効とされており、手術が推奨されることがあります。

回答者

保健同人フロンティアメディカルチーム

本サービスに掲載される情報は、医師および医療専門職等の監修の元、制作しております。監修者一覧および元となる情報はこちらからご参照ください。
この回答はいかがでしたか?

関連するキーワード

心不全
不整脈
治療後のケア
みんなの家庭の医学 アプリイメージ
アプリでも

みんなの家庭の医学

歩数ゲームやデイリーアドバイス、無料健康相談が利用可能

QRコード

※ご所属先が本サービスを契約いただいている場合のみご利用いただけます。