便潜血検査

最終編集日:2022/7/29

便潜血とは、便に微量の血液が混じっている状態のことです。
継続的な出血があるかどうかを調べるため、自宅で排便したときに、専用の棒で便の表面をまんべんなくこすり取ったものを、基本は2日分提出します。検査では、ごく微量の血液を高い確率で検出することができます。
なお、痔や月経などでの出血も考えられ、便潜血検査では、出血の原因を特定することはできません。陽性になったら、速やかに内視鏡検査をすることが必要です。


検査でわかること

大腸にがんやポリープがあると、便が腸内を移動する際、こすれて便に血液が付着するため、大腸がんやポリープの有無の判断材料となります。


基準値

2日分とも陰性(-)  潜血反応なし
(日本人間ドック学会)


1日でも陽性(+)の場合、疑われる病気

・大腸がん
・大腸ポリープ
・痔

監修

寺下医学事務所 医学博士

寺下謙三

本サービスに掲載される情報は、医師および医療専門職等の監修の元、制作しております。監修者一覧および元となる情報はこちらからご参照ください。

この傷病に関連したQ&A

みんなの家庭の医学 アプリイメージ
アプリでも

みんなの家庭の医学

歩数ゲームやデイリーアドバイス、無料健康相談が利用可能

QRコード

※ご所属先が本サービスを契約いただいている場合のみご利用いただけます。