Question

胆嚢腺筋症の疑い。検査や治療法が知りたい

胆嚢腺筋症の疑いで精密検査を受けることになりました。検査内容や胆嚢腺筋症だった場合の治療法について教えてください。


男性/40代

2024/01/08

Answer

胆嚢腺筋症は、胆嚢の壁が全体的、または一部が厚くなっている状態です。腺筋症自体は問題ないのですが、結石(胆石)や悪性の腫瘍が疑われる場合があります。多くは無症状に経過しますが、胆嚢内や壁に結石があって胆嚢炎を起こすと、右腹部の違和感や痛み、吐き気、腹部膨満感などを伴うことがあります。


胆嚢腺筋症は胆嚢壁が肥厚するため、胆嚢がんとの鑑別診断が重要です。精密検査として、超音波内視鏡検査、CT検査、MRI検査、内視鏡的逆行性胆管膵管造影検査、また胆汁中の細胞検査などを行う場合があります。腫瘍マーカー検査を参考にすることもあります。


胆嚢腺筋症と診断されても、無症状の場合には積極的な治療は必要ありませんが、胆石や胆嚢炎を伴い、腹痛などの症状を認める場合には胆嚢を摘出する手術の適応となります。また、胆嚢がんとの鑑別診断が困難な場合に手術を行うことがあります。手術は、開腹手術と、腹腔鏡下胆嚢摘出術があり、手術方法の選択は、胆嚢壁肥厚や胆嚢の炎症の程度によって医師が判断します。手術が不要な場合でも、定期的な経過観察は必要です。

胆嚢腺筋症と診断された場合は以下のような点を主治医に質問し、今後の治療を具体的に相談されてはいかがでしょうか。


●手術をすべき状態か否か、その理由。

●今まで行った検査のほかにさらに詳しい検査は必要ないか、その検査の方法。

●その検査によってわかること。

●手術をすすめられた場合、手術はいつごろ行うのが望ましいか。

●手術の具体的な方法(術式)。

●経過観察の場合の間隔と検査の方法など。


通常、医師との診察は時間に限りがあり、1回では聞きたいことをすべて質問できないかもしれません。重要なこと、必ず聞きたいことを最大5項目程度に絞り、メモにまとめてお持ちになるのも1つの方法です。

回答者

保健同人フロンティアメディカルチーム

本サービスに掲載される情報は、医師および医療専門職等の監修の元、制作しております。監修者一覧および元となる情報はこちらからご参照ください。
この回答はいかがでしたか?

関連する病気

みんなの家庭の医学 アプリイメージ
アプリでも

みんなの家庭の医学

歩数ゲームやデイリーアドバイス、無料健康相談が利用可能

QRコード

※ご所属先が本サービスを契約いただいている場合のみご利用いただけます。