Question

肛門のかゆみが続いている

20年以上、肛門のかゆみに悩んでいます。これほど長く続くのは、足の水虫のようなものなのでしょうか? かかりつけの内科はありますが、恥ずかしく相談していません。受診するなら、何科に行けばいいでしょうか?

女性/60代

2023/12/24

Answer

肛門のかゆみは、確かに人に相談しにくい憂うつな症状ですね。

肛門周囲の症状は、一般的に肛門科を受診します。医療機関によっては、患者さん同士が顔を合わせないよう動線に気を配ったり、女性専用の受診日を設けたりするなど、受診しやすい環境を整えているところもあります。ご相談者は20年以上、症状が続いているとのこと。恥ずかしがらずにぜひ受診を考えてみてください。


肛門のかゆみはよくみられる症状で、ほとんどが「肛門搔痒症」と呼ばれる病気です。ほかに原因となる病気がなく、かくことでかゆみが強くなったり、ひりひりした痛みが出たり、湿疹ができたり、切れて出血したりするものを指します。

原因として、下痢や便秘、洗いすぎ・拭きすぎなどが考えられます。下痢や便秘は肛門に刺激を与え、かゆみを起こしやすくします。また、肛門を温水洗浄便座やシャワーなどで洗いすぎたり、紙で拭きすぎたりすると皮脂が過剰に失われ、皮膚のバリア機能が低下してかゆみを感じやすくしてしまいます。

治療として、症状が強い場合にはステロイドの外用薬を用います。また、便通の改善も治療法として大切です。


肛門搔痒症は次のような対処法で、症状を軽減することができます。

●温水洗浄便座を使いすぎない、シャワー(入浴)のときにこすりすぎない。

●排便後、トイレットペーパーで拭く際には、ごしごしこすらない。

●排便習慣を身につけて、下痢や便秘を改善する。

●辛い物など、肛門の刺激になる食品を避ける。


肛門のかゆみは、ご相談者も心配されている水虫(足白癬)などの皮膚真菌症のほかに、アトピー性皮膚炎やパジェット病、疾患など、さまざまな病気から引き起こされます。これらの病気との鑑別診断のためにも、肛門科の受診をおすすめします。

回答者

保健同人フロンティアメディカルチーム

本サービスに掲載される情報は、医師および医療専門職等の監修の元、制作しております。監修者一覧および元となる情報はこちらからご参照ください。
この回答はいかがでしたか?
みんなの家庭の医学 アプリイメージ
アプリでも

みんなの家庭の医学

歩数ゲームやデイリーアドバイス、無料健康相談が利用可能

QRコード

※ご所属先が本サービスを契約いただいている場合のみご利用いただけます。