Question

大腸内視鏡検査は腸を刺激する?

学生のころからよく下痢をしていました。試験前など、緊張する場面で起こりやすかったので大腸に病気があるわけではないと思っていましたが、最近も下痢をしやすく、時々トイレットペーパーに血がついたりします。大腸がんの可能性も考え、大腸の内視鏡検査を受けたいものの、かえって腸を刺激するのではと不安です。どこで相談すればよいでしょうか?

女性/20代

2023/12/19

Answer

ご相談者は学生時代からストレスがあると下痢をする習慣があり、最近は時々、肛門からの出血が起こるとのこと。

トイレットペーパーに血がつく症状は、痔核(いぼ痔)裂肛(切れ痔)など、排便時の肛門からの出血のことがほとんどです。便秘や繰り返す下痢によって肛門が刺激されても起こります。

統計上では、大腸がんにかかる割合は40代から増加しはじめ、以降、高齢になるほど高くなるとされています。ご相談者の年齢を考慮すると、がんの可能性は低いのではないかと思われます。しかし、気になる症状があり、大腸内視鏡検査を受けてみたいと考えるのは当然のことと思います。


大腸内視鏡検査は、大腸の炎症性の病気で、炎症が強く出ている時期などには検査を控えることもあるようですが、一般的に安全に受けることができます。検査による痛みや苦痛が心配な場合には、少量の鎮静薬などを使用して、不安を軽減することもできます。

まずは消化器内科を受診し、これまでの下痢や排便時の出血のこと、大腸内視鏡検査を受けたい旨を話してみてください。必要とあれば、内視鏡検査を受けられる医療機関を紹介してもらえるでしょう。


ストレスから腸の調子が悪くなるということで、しっかり休養と睡眠をとり、規則正しい生活リズム、過労やストレスを防ぐ・上手に解消する、偏りのないバランスのとれた食生活を心がけるなどして、腸に優しい生活を送ってください。

回答者

保健同人フロンティアメディカルチーム

本サービスに掲載される情報は、医師および医療専門職等の監修の元、制作しております。監修者一覧および元となる情報はこちらからご参照ください。
この回答はいかがでしたか?

関連するキーワード

下痢
みんなの家庭の医学 アプリイメージ
アプリでも

みんなの家庭の医学

歩数ゲームやデイリーアドバイス、無料健康相談が利用可能

QRコード

※ご所属先が本サービスを契約いただいている場合のみご利用いただけます。