Question

指の関節が、痛くて曲げられない

朝の起床時に、左手の人差し指、中指、薬指を曲げると痛い状態が3カ月くらい続いています。1時間くらいたつと普通に動かせるようになります。日中でも1時間程度、指を伸ばした状態を続けると、関節を曲げることができなくなりました。これは何か病気の症状なのでしょうか?

女性/30代

2023/08/16

Answer

指は多くの骨や筋肉からできています。指の骨と筋肉をつなぐのが「腱」で、腱を動かすことで指を曲げたり伸ばしたりできます。腱は「腱鞘(けんしょう)」という組織で骨に固定されていて、腱鞘は効率よく滑らかに指を動かすための滑車のような働きをしています。

指を使いすぎると、この腱鞘と腱との間で摩擦が生じ、腱鞘炎を起こします。腱鞘炎では指の動きが悪い、曲げ伸ばしがしにくい、無理に動かそうとすると痛みが走るなどの症状が出ることがあります。そのほか、指の関節に変形が起こる変形性関節症、自己免疫疾患の関節リウマチによるものなど、手指関節の痛みや曲げ伸ばしのしづらさは、様々な原因で起こります。


整形外科を受診して、原因を特定してもらうことをおすすめします。一般的に、症状が短期間であれば安静にしながら様子をみることもあります。しかし、ご相談者は症状を覚えてからすでに3カ月経っているとのことで、まずは受診し、治療やセルフケアについて相談いただくとよいでしょう。

回答者

保健同人フロンティアメディカルチーム

関連するキーワード

へバーデン結節
関節痛
整形外科

関連する病気

本サービスに掲載される情報は、医師および医療専門職等の監修の元、制作しております。監修者一覧および元となる情報はこちらからご参照ください。
みんなの家庭の医学 アプリイメージ
アプリでも

みんなの家庭の医学

歩数ゲームやデイリーアドバイス、無料健康相談が利用可能

QRコード

※ご所属先が本サービスを契約いただいている場合のみご利用いただけます。