Question

2年前に抑うつ状態の診断。視線が怖い

2年前に抑うつ状態と診断され、休暇を取るようにいわれたものの、仕事は休みませんでした。その1年後にまた似たような症状がありました。今もあり、外に出ると常にイライラしてしまいます。人の会話や子どもの声を聞くだけでイライラが強くなります。人に常に見られている感じがあって視線が怖いです。

女性/30代

2022/06/18

Answer

外に出ると、常にイライラしてしまうとのこと、こころが休まらず、疲労感も抱えているのではと心配です。また、人の視線が怖い状況もあるとのこと。苦しい毎日ではとお察しします。

今のご相談者の状態を考えると、日常生活に支障が生じている段階だと思います。声に対するイライラや人の視線が怖いといった状況も、こころの症状から生じている可能性があります。今の状態を1人で我慢しつづけてしまうと、よりつらくなる悪循環に陥ってしまう心配があるので、まずは医療の力を借りて、心身の負担を和らげてあげることを優先しましょう。もし、以前の主治医に相談できる状況であれば、再度受診され、今後の対応を仰ぐことをおすすめします。それがむずかしい場合は、通いやすく負担のない自宅近くのメンタルクリニックなどで、現状を早めに相談してみてください。


また、2年前に抑うつ状態と診断され、休暇を取るようすすめられた際は仕事を継続したようですが、休養しなかった理由が何かあったのでしょうか。こころの不調を治療していくうえで大切なのは、服薬のほかに、ゆっくり休める環境に身をおくことも挙げられます。今のつらい状態を軽減し、安定させてあげるためには、休息が必要な場合もあります。もし、今回も主治医から休暇をすすめられることがあった場合は、これ以上無理をしないためにも、決まった期間は休養を取ることも考えてみてくださいね。もし、休養するにあたっての不安がある場合は、その旨を遠慮なく主治医に相談してみてください。

また、社内に産業医や保健師などの産業保健スタッフがいる場合は、ぜひ現状を相談してみてはいかがでしょう。休むことへの不安や今後の対応も含め、相談にのってもらえると思います。相談先の1つとして、こころにとめておいてくださいね。

無理を重ねないことが改善への近道につながります。この機会につらい状態の改善に向けて動かれることを願っています。

回答者

保健同人フロンティアメディカルチーム

本サービスに掲載される情報は、医師および医療専門職等の監修の元、制作しております。監修者一覧および元となる情報はこちらからご参照ください。
この回答はいかがでしたか?

関連するキーワード

休職
うつ
みんなの家庭の医学 アプリイメージ
アプリでも

みんなの家庭の医学

歩数ゲームやデイリーアドバイス、無料健康相談が利用可能

QRコード

※ご所属先が本サービスを契約いただいている場合のみご利用いただけます。