Question

食物アレルギーの子どもに注射薬のエピペンを打つタイミングは?

食物アレルギーをもつ子どもに注射薬のエピペンを打つのは、どのような症状が現れたときですか?

女性/30代

2022/04/26

Answer

食物アレルギーが原因でアナフィラキシーショックが生じると、生死にかかわります。このとき、30分以内にエピペンを打つなどの適切な対応を行えば、助かることが多いといわれています。

食物アレルギーの子どもに注射薬のエピペンを打つタイミングを逃さないために、2013年に日本小児アレルギー学会はエピペンを使用する症状を公表しています。これは、学校給食で女児が死亡した事故をきっかけに、日本や欧米のガイドラインなどを参考に同学会で策定されたものです。同学会では、エピペンが処方されている患者さんでアナフィラキシーショックを疑う場合、次のような症状がひとつでもあれば、使用すべきとしています。

・消化器の症状 :繰り返し吐き続ける、持続する強い(がまんできない)腹痛

・呼吸器の症状 :のどや胸が締めつけられる、声がかすれる、犬が吠えるようなせき、持続する強いせき込み、ゼーゼーする呼吸、息がしにくい

・全身の症状:唇や爪が青白い、脈に触れにくい・不規則、意識がもうろうとしている、ぐったりしている、尿や便をもらす




回答者

保健同人フロンティアメディカルチーム

本サービスに掲載される情報は、医師および医療専門職等の監修の元、制作しております。監修者一覧および元となる情報はこちらからご参照ください。
この回答はいかがでしたか?

関連するキーワード

アレルギー
アナフィラキシーショック
自己免疫疾患
みんなの家庭の医学 アプリイメージ
アプリでも

みんなの家庭の医学

歩数ゲームやデイリーアドバイス、無料健康相談が利用可能

QRコード

※ご所属先が本サービスを契約いただいている場合のみご利用いただけます。