Question

PMS(月経前症候群)のセルフケア

PMS(月経前症候群)で、生理前の不調に悩んでいます。セルフケア方法を教えてください。

女性/30代

2022/01/28

Answer

月経前症候群(PMS)のセルフケアの基本は、大きく分けて食生活、運動、リラックスです。


【食生活】

ビタミンやミネラルをとりましょう。なかでも、ビタミンB6の積極的な摂取は、PMSの症状改善に有効といわれています。ビタミンやミネラルは、インスタント食品やファストフードばかりでは不足しがちです。3食バランスの良い食事を心がけましょう。

チョコレートやケーキなど甘いものを取りすぎると、急激に血糖値が変動し、体調不良を招きやすくなるため、控えるようにします。

カフェインやアルコールの摂取、喫煙を控えると症状が改善することもあります。


【運動】

適度な運動を行うと、血液循環が良くなり、PMSに多い冷えを改善できます。腹痛や肩こり、腰痛の軽減も期待できます。運動の種類としては、有酸素運動がおすすめです。室内でストレッチやヨガ、ラジオ体操などをやってみるのもよいでしょう。


【リラックス】

ストレスはPMSの症状を悪化させると言われています。気分転換やリラックスする時間をつくったり、十分な休息や睡眠をとるようにしましょう。シャワーではなくゆっくり入浴することもおすすめです。その際に、お気に入りの香りの入浴剤やアロマオイルを使うのもいいでしょう。


自分の症状を理解するためにも、症状日記をつけておくといいでしょう。できれば基礎体温も測定し、どの時期に何の症状が出たかを記録しておくことで、症状に対処しやすくなります。また、医師の診察を受けるときにも役立ちます。

生理前には多くの女性が体や心の不調を感じているものですが、日常生活に支障をきたすほどの辛い症状がある場合や、セルフケアでは症状が改善しない場合には、婦人科や産婦人科を受診してください。

回答者

保健同人フロンティアメディカルチーム

本サービスに掲載される情報は、医師および医療専門職等の監修の元、制作しております。監修者一覧および元となる情報はこちらからご参照ください。
この回答はいかがでしたか?

関連するキーワード

PMS
月経トラブル
女性ホルモン
みんなの家庭の医学 アプリイメージ
アプリでも

みんなの家庭の医学

歩数ゲームやデイリーアドバイス、無料健康相談が利用可能

QRコード

※ご所属先が本サービスを契約いただいている場合のみご利用いただけます。