Question

アルゴンプラズマ凝固法とは

アルゴンプラズマ凝固法について教えてください。

男性/30代

2022/01/28

Answer

これまで肝臓手術など消化器外科の分野で、病変の凝固や止血に使われてきたアルゴンプラズマ(電気メスの一種)を、花粉症などのアレルギー性鼻炎の治療に利用したのがアルゴンプラズマ凝固法です。

アレルギー性鼻炎の症状は、主に鼻の中の下鼻甲介という場所で起こります。この下鼻甲介に、アルゴンガスと高周波電流を合わせたアルゴンプラズマを流して、アレルギー反応を起こす部分の粘膜を凝固させます。これにより症状を起こさせないようにしたり、軽減させたりする効果が期待できます。


治療は、鼻の中に麻酔をした後、アルゴンプラズマで下鼻甲介を焼灼します。焼灼時間は10分ほど(ただし麻酔の時間を含めて終了までには1~2時間くらい)で、痛みや出血はほとんどありません。

焼灼後、鼻の中にかさぶたができるので、治療前より鼻づまりが悪化したと感じることもあります。ただ、1カ月ほどでかさぶたはなくなり、鼻の通りはよくなります。この間、週1回ほどの通院が必要になります。

1回の治療で1~2年間は効果が続くといわれ、症状が悪化した場合は、再度治療を行うことができます。なお、アルゴンプラズマ凝固法は健康保険適用の治療法です。 

一般的に、アルゴンプラズマ凝固法の効果は高く、鼻づまりでは約90%、鼻水では約80%、くしゃみでは約70%の方に症状の改善がみられるとされています。

特に鼻づまりの症状が強い人や、薬が飲めない、薬が効きにくい人に適していると考えられます。

ただし、心臓ペースメーカーを装着している方など、この治療が受けられない場合があります。また、鼻の左右を分ける壁の曲がりが強い鼻中隔彎曲症の方は、治療の効果があまり得られないこともあります。

さらに、くわしく知りたいときには、かかりつけ医や医療機関に相談されるとよいでしょう。

回答者

保健同人フロンティアメディカルチーム

本サービスに掲載される情報は、医師および医療専門職等の監修の元、制作しております。監修者一覧および元となる情報はこちらからご参照ください。
この回答はいかがでしたか?

関連するキーワード

花粉症
アレルギー性鼻炎
鼻づまり
みんなの家庭の医学 アプリイメージ
アプリでも

みんなの家庭の医学

歩数ゲームやデイリーアドバイス、無料健康相談が利用可能

QRコード

※ご所属先が本サービスを契約いただいている場合のみご利用いただけます。