Question

PET検査でわかる病気

PET検査では、脳の機能や心臓の病気についてもわかりますか。

男性/40代

2022/01/28

Answer

PET検査はがんの検査方法の1つですが、他の病気や症状の発見にも役立ちます。

まず、脳疾患です。PET検査では、CTやMRIではわからない脳の活動状態を知ることができます。活動が低下した部位の発見により、アルツハイマー型認知症の兆候などを初期段階から発見することができます。また、脳血管障害やてんかんの病巣の発見にも役立ちます。

心臓の筋肉には多くの血液が流れ、脂肪酸やブドウ糖などをエネルギー源として利用しています。心筋梗塞を起こした部位でも、PET検査でブドウ糖の代謝が行われていることがわかれば、まだ生きている心筋が残っていて血行再建治療により機能回復が見込まれることがわかります。手術やその他の治療方針決定に大変役立ちます。

回答者

保健同人フロンティアメディカルチーム

本サービスに掲載される情報は、医師および医療専門職等の監修の元、制作しております。監修者一覧および元となる情報はこちらからご参照ください。
この回答はいかがでしたか?

関連するキーワード

脳卒中
がん検診
みんなの家庭の医学 アプリイメージ
アプリでも

みんなの家庭の医学

歩数ゲームやデイリーアドバイス、無料健康相談が利用可能

QRコード

※ご所属先が本サービスを契約いただいている場合のみご利用いただけます。