Question

せきが止まらず、せきぜんそくと診断されました

かぜの後にせきが止まらず、再度受診したところ、せきぜんそくと診断されました。せきぜんそくの原因と診断、そして治療について教えてください。

男性/30代

2021/12/21

Answer

せきぜんそくは、通常のぜんそくで起こる「ゼーゼー」という呼吸音(喘鳴:ぜいめい)や呼吸困難の症状がなく、たんがほとんど出ない空咳(咳嗽)が長く続く病気です。


せきぜんそくは、気管支のウイルス感染やいろいろなアレルギー反応によって、気管支が過敏になって起こると考えられています。寒さや運動、飲酒、たばこの煙、精神的な緊張などがきっかけとなって、せきが出ます。ただ、原因を特定できない場合もあります。また、せきぜんそくの場合、胸部X線撮影や胸部CT撮影、呼吸機能検査、聴診では異常が見つかりません。


日本呼吸器学会の「咳嗽に関するガイドライン」では、せきぜんそくに対して、7つの診断基準を設けており、すべてを満たすと、せきぜんそくと診断されます。

 1)喘鳴を伴わない咳嗽が8週間以上持続する。

 2)喘鳴、呼吸困難などのぜんそくの既往を認めない

 3)8週間以内に上気道炎にかかっていない

 4)気道過敏性が必要以上に高まる(亢進する)

 5)気管支拡張薬が有効

 6)咳感受性は亢進していない

 7)胸部X線で異常を認めない

 また、せきぜんそくはぜんそくの前段階とも考えられていて、そのままにしておくと3割ほどがぜんそくに移行することがあります。せきの症状が長引いている場合は、呼吸器専門医に相談することをおすすめします。


せきぜんそくには、通常のせき止め薬では効果はあまり期待できません。治療には、ぜんそくの治療薬である気管支拡張薬のβ2刺激薬やテオフィリン薬などを使用します。また、長期間せきが続く場合に、吸入ステロイド薬を使う場合もあります。

回答者

保健同人フロンティアメディカルチーム

本サービスに掲載される情報は、医師および医療専門職等の監修の元、制作しております。監修者一覧および元となる情報はこちらからご参照ください。
この回答はいかがでしたか?

関連するキーワード

咳ぜんそく
せき
みんなの家庭の医学 アプリイメージ
アプリでも

みんなの家庭の医学

歩数ゲームやデイリーアドバイス、無料健康相談が利用可能

QRコード

※ご所属先が本サービスを契約いただいている場合のみご利用いただけます。