吐血

最終編集日:2024/1/19

概要

吐血(とけつ)とは血を吐くことで、ほとんどが食道や胃、十二指腸など上部消化管からの出血によって起こります。通常、嘔吐を伴うため、胃液と混じった血液が化学反応を起こして茶褐色や黒褐色になります。

吐血と間違いやすい喀血(かっけつ)は肺がん、肺結核、気管支拡張症など肺の病気で起こります。せきを伴う真っ赤な血が空気の泡やたんに混じって吐き出されます。

吐血の原因の多くは、食道や胃、十二指腸、胆嚢、すい臓などの病気です。

吐血が一時的におさまっても、時間をおいて再び吐血することもあります。早急に医療機関を受診することが必要です。

受診の目安

救急車を呼ぶ・ただちに医療機関を受診

・ショック状態にある

・現在は吐血がおさまっている(吐血は重病であることを意味していますので、おさまっても受診は必要です)

セルフケア

吐血時に本人がショック状態になっている場合は、周囲の人の対処が重要です。吐血や嘔吐物で気管がふさがれないように顔を横に向け、呼吸が楽になるようにシャツのボタンやズボンのベルトを緩めて救急車を呼びます。

考えられる病気

監修

寺下医学事務所

寺下謙三

本サービスに掲載される情報は、医師および医療専門職等の監修の元、制作しております。監修者一覧および元となる情報はこちらからご参照ください。

この傷病に関連したQ&A

関連するキーワード

吐き気
嘔吐
みんなの家庭の医学 アプリイメージ
アプリでも

みんなの家庭の医学

歩数ゲームやデイリーアドバイス、無料健康相談が利用可能

QRコード

※ご所属先が本サービスを契約いただいている場合のみご利用いただけます。